鮭はここまで約束守ってんのに

  • 竹書房
3.63
  • (1)
  • (4)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 30
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784812447802

作品紹介・あらすじ

岩崎夏海を人生のピンチから救い出した桜井章一の言葉。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なるほど難しいなぁ

  • 「もしドラ」作者との対談。
    筆者コラムの中2病がひどい。
    雀鬼を畏怖しすぎて突っ込めていない。
    上本流は「かみほんりゅう」ではなく「じょうほんりゅう」だったとは。

  • 対談だけど、岩崎さん本人が言うとおり、殆ど対を成していなくて、いや、聞き役としてもちょっと外しているところがある。
    でも、重くて対談(口語)なのに読むスピードが上がらなかった。
    震災直後の二日目の、特にコラムが重かった。もし読み返す機会があったら、この二日目のコラムから読んでいってみたい。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1943年東京都生まれ。大学時代に麻雀を始め、裏プロとしてデビュー。以来引退するまで20年間無配、「雀鬼」の異名を取る。引退後は「雀鬼流漢道麻雀道場 牌の音」を開き、麻雀を通して人としての道を後進に指導する「雀鬼会」を始める。

「2016年 『決断の作法』 で使われていた紹介文から引用しています。」

桜井章一の作品

ツイートする