Hand which (バンブー・コミックス 麗人セレクション)

著者 :
  • 竹書房
3.76
  • (221)
  • (254)
  • (378)
  • (17)
  • (5)
本棚登録 : 1789
レビュー : 140
  • Amazon.co.jp ・マンガ (201ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784812464625

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ツタに出会った作品
    絵もきれいで話も普通のBLじゃなくてすぐ虜になりました
    オナニーで道具使うノンケってやばくないですか

  • 表題作

    やってしまったのか焦る沢津に対して、
    「俺の毒牙にかかったんだよ」
    と言う宇高が切ない。
    それまでに沢津に対して想っていた期間を考えると……。
    沢津が受け入れて、すぐにみんなに公表して、ほっこりとした気持ちになった。

    正味なコトバ

    自分の気持ちを表すのが苦手で、
    嫌われたくない気持ちが先行して踏み出せない続木の心情がリアル。
    喜んでもらいたくて考えた結果、朝に押しかけて騎乗位で襲い受け。エロくて笑った。
    「逆に嬉しいくらいでッ(本音)」←わかる!

  • この本の中に収録されている「お世話になります」というタイトルのお話が好きです。不器用な岩田さんとそんな岩田さんが好きな青野くんがかわいい。

  • 表題作よりも、そのお仲間二人のCPがどちゃくそに好みで全身の毛が擦り切れるほど転がりまわりたくなった。やっぱ鈴木ツタさんの描かれる社会人は良い。尊い。

    他の作品も好きなんだけど、この二人のが飛び抜けて好みすぎてあんまり記憶に残って無い。

  • hand which
    シェイクアハンド
    正味なココロ
    正味なコトバ
    お世話になります
    半径10メートルの引力
    直線上にして8メートル

  • ホモになってやる!って言ってホモになった

  • 好きです、ツタさん。

  • どれをとっても平均的に安心の鈴木ツタ先生です。でも、この人はちょっと変態なのがすごく魅力的に描くもんだから怖いと思う。

  • 表題作とその脇カプの2話がよかった。あとは、うーん、どうかな?最後の話、ストーリーはいいんですが、攻様の顔がちょと好みじゃなかったです、すみません。
    最後のあとがきマンガが面白かったです。鈴木センセのお人柄がわかりました。

  • 再読。

全140件中 1 - 10件を表示

Hand which (バンブー・コミックス 麗人セレクション)のその他の作品

鈴木ツタの作品

Hand which (バンブー・コミックス 麗人セレクション)を本棚に登録しているひと

ツイートする