かよちゃんの荷物 1 (バンブー・コミックス)

著者 :
  • 竹書房
3.86
  • (50)
  • (51)
  • (71)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 363
レビュー : 39
  • Amazon.co.jp ・マンガ (131ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784812465752

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • すごい面白すぎる!
    かよちゃんの荷物を読んで、雁須磨子にはまりました。
    今、雁須磨子作品を買い集めてます。
    かよちゃんにひとみちゃん、店長、アニメ君。サブキャラも面白い♪
    こんなに面白いのに全3巻で終わりなんて...。もっと続いて欲しかった。

  • 「えーい、トムヤムトムヤム。」

    女版 THE 3名様(ふぉみれすじゃないけど)
    アラサ―OL(雑貨店勤務)かよちゃんの日常。
    ともだちのひとみちゃん、まきちゃんとの
    会話がりある。全三巻。もうちょっと3人のだべりを見ていたかった。

    雁せんせの作品は何回読んでもおもしろいのでこの作品も気づくと読み返してしまいます。

  • アラサー等身大、というのはこういうことなんじゃないかなと感じる。
    少なくとも今現在の私には。

    やりがいのある仕事もオシャレなオフィスも、ほどほどの恋人も白馬の王子さまも出てこない。


    将来の夢とか努力とか少女マンガ的幸福に程遠く、あるいは解き放たれた彼女たちの日常。

    鞄にもろもろとときめきを詰め込んで。

  • わたしも荷物もちなのでかよちゃんに共感

    アニメすきです

  • なにやら哲学的。

  • かよちゃんの急激な太り方とか、よくない痩せ方(顔が土気色)がリアル!
    あと片づけ嫌いの私には「古いからをうちすてて生まれ変わる」ほどのカタルシスを覚える大掃除というものに、少し心惹かれるものがありました。そんなお掃除できたら一回やってみたい…できたら…

  • 面白いと思う。こんな人いそうと思える。
    日常のありそうなネタを作者独特のセンスでうまく味付け。
    しかし構成?がもうちょっと。
    練ってあるんだろうけど一読じゃ気づけないものがある。
    まあこの作者のは全部そうなんですが・・・。

    時たま不自然なほど闇を感じさせる描写がある。
    この巻だとひとみちゃんの落書きんとこ。
    2巻だと生理の話とか。

  • かよちゃんの日常LIFEマンガ。

    二巻の表紙が好き。

  • ももさんのミニコミで絶賛

  • 2巻まで読了。今一番続きを楽しみにしている漫画(でも隔月8ページ連載というこの苦行…!)。まったりした日常を描いているのに退屈じゃないというふしぎ。メイクしている時の「わるい顔」などの小ネタがたまりません。2巻でますますひとみちゃんが好きになりました。
    (↓2011/8/10追記)
    全3巻読了。終わってしまった…まったりペースでいいのでもっと続けて欲しかったな~相変わらずのゆるい日常が楽しい。そしてやっぱり、ひとみちゃん!!最終回の脳内暴走っぷりが!ww(あとバレンタインの話もw)
    恋愛の方も一応決着(?)ついたという感じでしょうか。後日談まで読んで改めて頭から読むと、一応かよちゃんから矢印らしきものが出ているんですね~(バレンタインとかクリスマスとか)。
    何はともあれ、お疲れ様でした!

全39件中 1 - 10件を表示

雁須磨子の作品

ツイートする
×