メイドインアビス 1 (バンブーコミックス)

  • 竹書房
4.20
  • (67)
  • (75)
  • (19)
  • (3)
  • (3)
本棚登録 : 699
レビュー : 35
  • Amazon.co.jp ・マンガ (153ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784812483800

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • お尻の穴のくだりのとこの表情すき

  • 絵が可愛いのに話がグロいし重い。やりきれなさにだんだん心が荒んでくる。それでも続きが気になるのがこの作品の怖いところだと思った。

  • これは面白かった!

  • 同人誌っぽいなと思ったら同人誌が始まりのようでした。
    絵が上手です。話の先が気になります。

  • 限界深度2万メートル以上!?人類最後の未踏の深淵には何があるのか…?
    隅々まで探索されつくした世界に、唯一残された秘境の大穴『アビス』。どこまで続くとも知れない深く巨大なその縦穴には、奇妙奇怪な生物たちが生息し、今の人類では作りえない貴重な遺物が眠っている。「アビス」の不可思議に満ちた姿は人々を魅了し冒険へと駆り立てた。そうして幾度も大穴に挑戦する冒険者たちは、次第に『探窟家』呼ばれるようになっていった。アビスの縁に築かれた街『オース』に暮らす孤児のリコは、いつか母のような偉大な探窟家になり、アビスの謎を解き明かすことを夢見ていた。そんなある日、リコはアビスを探窟中に、少年の姿をしたロボットを拾い…?細密で独創的な絵柄が魅力のイラストレーター界の鬼才・つくしあきひとが、待望の商業デビュー!!幻想と機械が入り混じる大冒険活劇、第一巻がついに登場!!(Amazon紹介より)

  • アニメが面白かったので。
    一巻の内容も濃くて面白かった。続き待ちで悶えて待つこと確定!

  • ただただ救いのないダークファンタジー
    キャラの見た目で読まず嫌いしている人にこそ勧めたい作品

  • 読んでみたいなーと思っていたので読んだ。作り込まれた世界とリーダーさんが好き。

  • 文字や設定の細かさに慣れる為の1巻という感じ。

  • とても可愛らしい絵柄だが内容は想像をはるかに超えるハードなもの。1巻は世界観説明とプロローグに終始しているが冒険の本番は2巻以降。とはいえこの段階でも後々のエピソードのための伏線が色々と張られている。アビスの設定がかなりエグい。

  • グロテスクな描写はなんのために存在しているか

    全くそんな漢字を匂わせないような状態からグロい描写を入れると突然に称賛しだす層がいる

    そんな層にばかり支持されてここまで有名になったのではない探検や道への遭遇の面白さが確かにあるが、小児が酷い目に遭うことで話題性が生まれる様はひぐらしのなく頃にを彷彿とさせる

    設定自体はとても面白く、世界観も練られているが、その世界を冒険するのはやはり人。人に魅力がなければそれまで

    主人公のだめ具合を”かわいい”と笑って許せる心の広い人におすすめ

    ひぐらし系統が合わなければ合わないのではないかと思われる

  • とってもゆるふわなテイストの絵で、ファンタジー全開なのだが、読み進めていくと展開が結構えぐくてグロい表現も多い。そのギャップで、どんどん読みたくなってしまう・・・

  • 【あらすじ】
    限界深度2万メートル以上!?
    人類最後の未踏の深淵には何があるのか…?

    隅々まで探索されつくした世界に、唯一残された秘境の大穴『アビス』。どこまで続くとも知れない深く巨大なその縦穴には、奇妙奇怪な生物たちが生息し、今の人類では作りえない貴重な遺物が眠っている。
    「アビス」の不可思議に満ちた姿は人々を魅了し冒険へと駆り立てた。そうして幾度も大穴に挑戦する冒険者たちは、次第に『探窟家』呼ばれるようになっていった。

    アビスの縁に築かれた街『オース』に暮らす孤児のリコは、いつか母のような偉大な探窟家になり、アビスの謎を解き明かすことを夢見ていた。そんなある日、リコはアビスを探窟中に、少年の姿をしたロボットを拾い…?

    細密で独創的な絵柄が魅力のイラストレーター界の鬼才・つくしあきひとが、待望の商業デビュー!!
    幻想と機械が入り混じる大冒険活劇、第一巻がついに登場!!

    【感想】

  • どんな世界なんだと戸惑いつつ、なるほど、穴に潜る世界なんだと、いつのまにかその世界に引き込まれる。
    天真爛漫なリコと、ロボット?レグ。
    見習い 赤笛
    一人前 蒼笛
    師範代 月笛
    達人 黒笛
    英雄 奈落の星 白笛
    深海四層は黒笛以上。五層は白笛の世界。

  • 現在刊行中の6巻まで一気に読んだ感想。日本発のマンガの中では数年に一度出てくるかどうかの恐ろしい作品だと思う。凄すぎてただ単に続きが気になるとかそういうレベルではない。アニメのほうも素晴らしく相互作用でますます世界観に飲み込まれます。連載がスローペースになっているようだが作者には焦らず最高の形で完結させてほしい。

  • 世界に残された最後の秘境
    大穴『アビス』
    底知れぬその穴には数多の未知の遺産があり、
    それを目当てに穴へと潜る探窟家たちが穴の周辺に集落を作っていた
    潜れば潜るほど、危険と
    地上への帰還を困難にする「呪い」を抱え込んだアビス
    その穴の底へ、1人の少女と機械の少年がいま、おりていくーーー

    *****


    アニメから入りました
    大変面白い…
    まず世界観がベリー好みだし、
    登場人物はもちろん家具なども無生物までもが可愛い
    の割に描写は思い切ってて、
    凄惨な場面なども手を抜くことがない
    会話のテンポも読んでてスンナリ入って来て読みやすい
    何より多くの謎に満ちたアビスのその正体が本当に気になる!
    リコたちと一緒にどんどんと
    アビスの底に引きずり込まれていくーー

  • ナウシカみたいなのを期待したけど、アニメのが良いね

  • 絵が可愛いなーと思って手に取ったら、意外とアビスの設定が怖い。戻ってくるのに負荷がかかるの、なるほどなー。

  • なんでもっと早く読まなかったのか後悔しました。
    超絶面白い!すごい!感情がぐわんぐわん揺さぶられる!

    ちんまりまるっこい三頭身ロリショタケモショタが愛くるしい絵柄を裏切るハードな展開とド欝エピソードの連続、アビスに生息する動植物の独創的な造型など、仲間との友情や冒険を主軸に据えたジュブナイルSFの魅力と、その裏で蠢く世界の謎と陰謀を編み込んだダークファンタジーの容赦のなさを、これでもかと闇鍋の如くかきまぜて凝縮した作品。
    上昇負荷にまつわるアビスの呪いなど、科学的な考証に基づく世界観が非常によく練られている。

    登場人物も皆個性的かつ魅力的。
    アビスの生態系がもたらす過酷な環境や師の試練、次々襲う逆境にもめげず、己の内に育んだ信念やもういない仲間との約束を礎に、汗と血と洟水と涙とそれ以外の体液をドバドバ垂れ流しながら這い上がっていくタフさ、したたかさ、逞しさにじーんとする。
    ミーティアとプルシュカのエピソードには心フルボッコにされるが、失ったものがあれば得たものもある。
    グロテスクなシーンや思わず「痛い!」と顔をしかめてしまうシーンも多々あるが、主人公の成長と仲間との絆、強敵との死闘、未知へ挑み死地を開拓する冒険活劇のロマンに血沸き肉躍る。

    カバー裏の特殊性癖博覧会と素材はゲテモノでも涎がわくほどおいしそうなアビスめしも必見。

  • ~6巻
    設定は良い。ストーリーもそこそこ。絵もそこそこ。全体的にはよくまとまっているが、ワクワク感がない。完結したら読み直そう。

  • アビスの地図とか見ているだけでわくわくします。異世界の地図って、何であんなにも魅力的なんでしょうか。

  • 評判を聞いて買ったが、この巻だけだとまだまだオープニングで生殺し感半端なかった。設定的には面白くなりそうなので、続きに期待。

  • 想像以上にスペクタクル。序章でまだ本格的に冒険が始まってないのに、すっごい面白い。ふんわりかわいい絵柄とは裏腹に!

  • ここ最近で一番衝撃を受けた漫画。純ファンタジーな世界観と設定に引き込まれる。絵も丁寧でかなり読みやすい。これから期待大。

  • 漫画サロントリガーにてファンタジー漫画で面白い漫画ありますか?という問に対して薦めてくださった作品。登場人物全員が漫☆画太郎が可愛く描いた女の子にしか見えず毒されてるな...と感じた作品。内容自体はファンタジーとして読み応えがあり、絵も細かくとても綺麗で読みやすかったです。設定もこられているので読んでいて楽しかった。

  • 出逢いはどこかの本屋でおススメされていたからですかね、あまり記憶がないです。

    よくあるボーイミーツガールなアドベンチャーを予想していたらどっぷりハマりました。
    レグ君かわいい。

  • 3巻までイッキ読み。可愛い絵柄だけど、話はどんどん重くなる。1巻は序章なのでほんわか。

  • 少女リコとロボットレグの出会い。
    奈落の底で待ってるとは何だろうか・・・。
    ナットたちとのお別れには泣きそうになった。
    これから始まる冒険が楽しみ。

  • 冒険ファンタジー。
    主人公のキャラがとてもかわいい。なんとなく、キャラや展開に同人誌っぽい感じが漂うけれど、夢があって、世界観もとても好み。(同人誌が悪いというわけではないです)

    欲を言うならば、モノクロが見にくいということくらいかな…ただ読んでいると慣れてくるので気にならなくはなってくるかなー。
    ふたりの冒険がこの先どうなるのか楽しみ。アビスの世界が明かされていくも楽しみ。

  • 2

全35件中 1 - 30件を表示

メイドインアビス 1 (バンブーコミックス)のその他の作品

つくしあきひとの作品

メイドインアビス 1 (バンブーコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする