姫のためなら死ねる 4 (バンブーコミックス WINセレクション)

著者 :
  • 竹書房
4.07
  • (10)
  • (10)
  • (8)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 127
感想 : 5
  • Amazon.co.jp ・マンガ (116ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784812485491

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 山吹のくだり、やはり最の高!

    そして菅原孝標女登場!
    こってこってのヲタに描かれてて、抱腹絶倒。妙に親近感あるから更級日記いつかちゃんと読みたいな。

  • ホント、どこまで行っちゃうのか読めない、読んでいると「面白い」より、ピンク色のドキドキが強まってくる四コマ漫画
    この『姫のためなら死ねる』とくずしろ先生のどこが凄いか、と言えば、健康的なエロスが薫るような、絵の超絶的な巧さもあるが、多少の差異はあれども、変態性を孕んでいるキャラが巻を重ねても、微塵もブレない所だ
    表現として正しいかは微妙だが、「自分らしさ」を知っているんだろう、どのキャラも
    そんな中、清少納言は強烈な個性を有している、やっぱり
    ある意味、憧れる生き方をしている女傑だろう
    基本的な史実に、割と忠実な点がある四コマ漫画であるが、中高の古典の授業で教材として使えるかは微妙、いや、致命的に向かないが、古典に理由なき苦手意識を持っている学生が、古典の魅力を気付くキッカケとしてはドンピシャ
    あと、百合スキーにも堪らない一冊でもあろう
    一日でも早く、深夜枠でアニメ化して欲しいトコ

  • ネタ切れ気味かと心配させられる回もあるけれど、時折みせる破壊力満点のネタはいまだ健在である。清少納言というニッチかつピンポイントなテーマで、よくここまでネタを回せるものだと感心させられるとともに、著者の清少納言に対する(歪んだ)愛情が伝わってきて微笑ましい。

  • 菅原孝標女、いいキャラだなあ~♪

全5件中 1 - 5件を表示

くずしろの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×