丼大好き

著者 :
  • 竹書房
3.00
  • (1)
  • (1)
  • (5)
  • (3)
  • (0)
本棚登録 : 30
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (237ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784812490211

作品紹介・あらすじ

ある時は揚げたてサクサクの天丼を頬張り、またある時には濃厚なだし汁とともに肉のうまみが口いっぱいに広がるカツ丼に舌鼓を打ち、またある時には新鮮な魚介類が敷き詰められた海鮮丼をもりもりとかき込んでいく…。日本各地のステキな丼を食べ歩いてきた、お馴染み定食評論家・今柊二氏が死ぬ前に一度は食べたい丼の数々を紹介します。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 天丼、カツ丼、うな丼、牛丼、親子丼が五大丼とか、私はカツ丼、牛丼を好んで注文しますw。あと海鮮丼が好きですね。家ではシラス(桜えび)丼(ご飯に生シラス、ちぎった焼き海苔、柑橘類を絞り醤油を垂らす)をよく食べます。最近、将棋で棋士の勝負飯が紹介されてますが、盤上の戦いを離れて、面白い企画ですね(^-^) 今柊二(こん とうじ)著「丼大好き」、2012.8発行です。

  • 息抜き用に読んだ本。丼に特化した本で、読みやすい。

  • ≪目次≫
    第1章  山手線一周がっつり丼巡り
    第2章  五大丼食べ歩き
    第3章  首都圏丼探訪
    第4章  日本全国地方丼行脚


    ≪内容≫
    新刊です。最近今さんはよく書いているようですが、何でしょう、定食のときと同じように山手線一周したり、ちょっと工夫がありません。会社務めの傍らなので、難しいとは思いますが、粗製乱造の観を否めません。

  • 暑い夏は丼を食べて乗り切ろう!

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1967年愛媛県生まれ。横浜国大卒。定食評論家として首都圏をはじめ全国の定食・立ちそばの調査・研究を行う。著作に『定食ニッポン』「立ちそば大全」『ニッポン定食紀行』『丼大好き』『たらふくホルモン』『お魚バンザイ!』『立ちそば春夏秋冬』『ニッポン定食紀行』(全て竹書房文庫)、『定食学入門』(ちくま新書)、『定食バンザイ!』(ちくま文庫)、『かながわ定食紀行』シリーズ、『土曜に昼は中華街』(神奈川新聞社)、『定食と文学』『定食と古本』『餃子バンザイ!』(本と雑誌社)、『旨い定食 途中下車』『ファミリーレストラン「外食」の近現代史』(光文社新書)、『とことん!とんかつ道』『洋食ウキウキ』『スイーツ放浪記』(中央新書ラクレ)など。ほかに畸人研究学主幹として、共著に『定本 畸人研究Z』(ちくま文庫)、『しみったれ家族―平成新貧乏の正体』(ミリオン出版)など多数。また現在、『ナビブラ神保町』(http://www.navi-bura.com/)にて『定食ホイホイ!』、神奈川新聞日曜版にて『かながわ定食紀行』連載中!!

「2021年 『昭和平成令和定食紀行 』 で使われていた紹介文から引用しています。」

今柊二の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×