怪談社 書記録 (竹書房ホラー文庫)

著者 :
  • 竹書房
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 27
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (221ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784812491102

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 本を開いた第1話目があまりに短く、ありきたりなので、本屋で最初だけ試し読んで購入を決めるという人は、まずレジに持って行かないだろう。

    ただ、いざページを繰って読み進めてみると、段々と話のテンションが上がっていくように感じ、これは怪談ライブを書面で再現しようと意識したものではあるまいか、と想像してみたりもする。

    怖いというよりも不思議な話の割合が多く、「これは」と思わされるような話もいくつかあり、読後感は満足したものだった。

    ただし、副題の「赤ちゃんはどこからくるの?」というフレーズは、そこにまつわる話が、特別本書の特徴を表しているとも言えず、インパクトを狙った蛇足に過ぎない。

  • -

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

伊計翼(いけい・たすく)

関東に実在する怪談イベント団体「怪談社」の書記。著作に『怪談社』十干シリーズ、
『怪談社書記録 赤ちゃんはどこからくるの?』『怪談与太話』『魔刻百物語』『あやかし百物語』『恐國百物語』『怪談社RECORD 黄之章』他多数。

「2019年 『怪談師の証 呪印』 で使われていた紹介文から引用しています。」

伊計翼の作品

ツイートする