節約一家 森川さんちのくすくす子育て (SUKUPARA SELECTION)

著者 :
  • 竹書房
2.63
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 18
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (143ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784812493298

作品紹介・あらすじ

あの「年収150万円一家」の森川弘子、初の育児エッセイ!お金はないけれど自由を謳歌していた夫婦2人に赤ちゃんができた、ここから森川一家の節約ライフが本格スタート!子どもがいるとお金がかかる…ならば工夫して毎日を暮らせばいいんだ!森川流アイデア術&くすくす楽しい妊娠・出産・子育て生活たっぷり。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 年収150万一家の作者さんの出産・子育て本です。
    漫画は読みやすくて読み物としては面白かったですが、内容としては役立つ部分と真似をしたら危険な部分とがあると感じました。

    ベビー用品をフリマで揃える方法や子連れでの海外旅行などうまく節約して生活を楽しむ方法は情報として役立つと思いました。
    けれど、離乳食の進め方、アレルギー疑いの時の対応など作者がとった方法については危険が大きく、こはるちゃんが丈夫で何もなくてよかったと読みながら感じました。

    出版物である以上、医学的なスタンダードから外れ、子どもの健康を損ないかねない方法をとった内容であるなら、医療者のコラムやコメントをつけるなど、編集段階でのフォローがあってほしいと感じました。

  • ケチケチ生活で有名ですが、今回はそこまでケチってなかったので楽しく読むことが出来ました。
    妊娠出産はほんと100人いたら100通りの考えがあるので参考になるかといえば、微妙だけどこういう例もあるんだなと。

  • メディアファクトリーの作品のがおもしろいかなー

    節約子育てはともかく、節約妊婦生活ってどうなのかしら。
    「お腹のお子ちゃんに危ないんじゃない??
    事故なく生まれたから良かったものの!!」
    と思われる描写が多数。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

【森川弘子・絵】  1970年、大阪生まれで大阪育ちのイラストレーター。コミックエッセイプチ大賞C賞受賞後はコミックエッセイを中心に活動中。趣味は旅行とフリーマーケット巡り。

「2013年 『かめくんのこと』 で使われていた紹介文から引用しています。」

森川弘子の作品

ツイートする