最低で最高の本屋 (仕事と生活ライブラリー)

著者 :
  • DAI‐X出版
3.61
  • (45)
  • (47)
  • (114)
  • (7)
  • (0)
本棚登録 : 408
レビュー : 71
  • Amazon.co.jp ・本 (179ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784812522219

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 昔、ブルータスに載っていたブルーノ・ムナリの本を電話をかけて注文しました…非常に丁寧かつ迅速な対応で緊張が解けた(笑)すでに有名な方だったので…。スタイリッシュなイメージだったので、この本に書かれていることはちょっと意外です。
    すごく勇気の出る本。恥ずかしながら未だに逍遙としているあたしにとってもですが、悩める若いひとたちにぜひ読んでほしいです。

  • 最糟也最棒的書店

  • 好きなことを仕事にできるのはすごい。

  • わたしもこんな風に生きれるかな?頑張ってみようかな?ぜひ読んでください。

  • 2007.7.30

  • 本がすきで、本屋さんがすきで、松浦さんの言葉がすき。いいことたくさん書いてます。

  • 柔らかで、和ませてくれる口調で語るような文章が素敵です。
    こんな人になれたら良いなって、本当に思います…。

  • 仕事と生活ライブラリー・1
    本屋さんもいいなー。

  • だいぶ前に読んだので、あまり覚えてないけどよかったってのは覚えてる。筆者の就職しない生き方の話。借りて読んだので、買って手元においておきたい。

  • 商学読 024.8 2003

全71件中 51 - 60件を表示

著者プロフィール

東京生まれ。エッセイスト。渡米後、アメリカの書店文化に触れ、日本におけるセレクトブックストアの先駆けとして「COW BOOKS」を立ち上げる。2005年から2014年まで『暮しの手帖』の編集長。その後、「くらしのきほん」を立ち上げ、株式会社おいしい健康・共同CEOに就任。「くらしのきほん」主宰。著書多数。執筆活動の他、クリエイティブ・ディレクターとしても活躍。

「2019年 『くらしのきほん 100の実践』 で使われていた紹介文から引用しています。」

最低で最高の本屋 (仕事と生活ライブラリー)のその他の作品

松浦弥太郎の作品

ツイートする