冷たいシーツの上で (SHYノベルス)

  • 大洋図書
3.27
  • (0)
  • (5)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 41
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784813010074

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 話的には面白かったけど、もっと深く読みたい。

    警察のことも最後は軽く触れただけで終わってしまったので、といっても元がBLだからそこはあまり注目すべきところじゃないかもしれないけど、お話が上手かっただけに、もっとそこ読みたい!と。

    いまいち攻め側の執着の始まりが分からないからそこはフラストレーション溜まるけど、受けの頑張りと脇キャラの存在感で・・・・・。

  • ●あらすじ●

    「これが男に触れる最後でも、後悔しないか」大学附属病院でレントゲン技師として勤める立科怜は、研修医の厳原慈雨が気になって仕方がない。男としての強烈な色気、そして医師としての類い稀な能力を持つ厳原。だが、怜は同じ病院に勤める人間のひとりにしかすぎなかった。しかし、厳原が運び込まれた急患を診療拒否したことからすべては変わっていく。厳原のすべてが知りたい!そんな怜に厳原は冷たい言葉をなげつけた、「私に近づくな」と…。それは厳原の強烈な独占欲の裏返しでもあったのだ。
    </br><a href="http://blsenka.seesaa.net/article/17921862.html" >感想を読む</A>

  • (イラスト:蓮川愛)大学病院の研修医Xエックス線技師。とは言え、たけうち様の事ですから司法試験も合格している30歳の研修医だなんて素敵な攻め様と甘え上手だけどしっかり者の末っ子受け君という前代未聞のおしゃれなカップルでした。しかも再搬送事件とか悪警察官による暴行事件などが絡んだ謎など、飽きさせない展開に一気読みしてしまいました。脇キャラがまたゴージャスでした。かっこいいのに焦れったい性格な攻めっていうのがお好きなのですね。

全3件中 1 - 3件を表示

たけうちりうとの作品

ツイートする
×