観賞用愛人 (SHYノベルス168)

著者 :
  • 大洋図書
3.27
  • (7)
  • (12)
  • (35)
  • (9)
  • (0)
本棚登録 : 137
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (229ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784813011361

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 縛られているのは誰?自由なのは誰?
    なんだべな、サクッと進めるのにどっか引っかかるそんな話でした・・・けど・・・ちょっとラブの部分がすくなすぎるかとw

  • 監禁モノなのでお決まりなエロエロ陵辱なんだろうと思ってたが良い意味で裏切られた!!最初の一節目で物語にのめり込めて一気に読んでしまいました。瑛(受)は監禁されて初めは逃げ出そうと必死なんだが音無(攻)の心の寂しさに気付き…最後にかけて泣けました。

  • 玄関
    ほんだらけ袋

  • 状況はとんでもないけど話の筋道などは納得がいくものでした。

  • お借りして読んだ後、再読リストに!某ブックスにて発見購入しました。

  • このシチュエーションとか設定とか、思いっきりツボを突いてくれてます;

  • 2008年6月4日 大図

  • 物語りは静かに進んでいきます。淡々と進むのがテンポが良い感じ。ただ、もうちょっと盛り上がりが欲しかったかなと思いました。でもこういう雰囲気大好き。

  • むむむ…。なんだかなあ、って感じ。どちらもやる気でいるようだが、一体どっちが受けなんだ?ページはどんどんなくなっていくが結論がなかなかでない。

  • なるほど…監禁というキーワードは高遠先生だとこうなるのか。近作でマイナス方面に気になっていたクセがなくなっていて安心しました。

全12件中 1 - 10件を表示

高遠琉加の作品

ツイートする