薔薇の陰謀 (SHYノベルス265)

著者 :
制作 : 奈良 千春 
  • 大洋図書
4.39
  • (43)
  • (31)
  • (10)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 241
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (267ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784813012337

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【2011年シリーズ3】「ラウルと寝るならその後レヴィンとも寝る」ラウルは激しく葛藤するも啓を組み敷く。そして啓は自分からレヴィンに抱かれに行く。なんて律儀な(読者サービスかな)。流石に孫は殺せないかアダム。啓の卒業後再び舞台はマルタに。例の手紙で啓も自分の出生を知り、早くもルイスから薔薇騎士団に暴露される。本の表題からしてそんな気がしてたよ。ルイスより背後にいるアダム怖い。ぶるぶる。そしてマリア!サンダー!叫ぶしか無い。

  • 薔薇シリーズ3冊目。

    ルーーーーイーーーースーーーー!!!
    最後はルイスが憎いったら!

    啓の少年期が終わりの巻。
    そしてまた新たにカタカナ名が増える増える^^;

    レヴィンとラウル。アダムにルイス。
    そして、マリア。
    まだまだ謎が多いけど少しづつ解き明かされて
    しかしまだまだ謎が多く^^;
    益々目の離せない展開に。

    最後の最後!ラウルがカッコイイ!!!
    これからどうなるのか
    4冊目がすっごい気になる!

  • ラウル〜ヾ(*T∇T*)レヴィンのが好きだけどラウルカッコいいわ。これからどうなってしまうのか…めちゃめちゃ続きが気になります(>_<)

  • ★4.5

    アシュレイ可愛いな、雄心可愛いな、なんてのんきに読んでいたらいつの間にか嫌~な展開になっていた!!(笑)
    読み進めていくうちに自分の中で敵=ルイス達になっていて、アダムが現れるときよりルイスが現れるとドッと疲れが。(アダムが登場すると逆に良い意味でわくわくさせられたかな?)

    守護者の二人と離れ離れになってしまった啓。これからどうなっていくんだろう!!

  • ルゥ~~~~イィィ~~~~~~~~スゥゥゥ~~~~~~~~~~ 君が、涙とか体液で、グチャグチャになって、許しを、懇願するまで、殴るのを止めないィィイ!!!! ~続く

  • 出生の謎が少しずつ解明されてきていますが、この事が啓のこれからにどう影響していくのか?、そして二人の間で揺れ動く心もどうなるのか。その肝心な二人が!また凄い所で終わってしまって....。

  • 薔薇シリーズ3 薔薇の陰謀

  • 急転直下の3巻目。
    面白すぎて一字一句見逃せない、という程、大事な巻だと思います。
    恋愛面では相変わらずまごついてますが、魔性の受けに翻弄される
    攻二人が哀れ……。

    個人的にはレヴィン派ですが、ラストでラウルが全部持ってってます。
    ちょっとあんた、そこで寝こけてる場合じゃないw

    詰め込み巻も半端ない感じですが、2段組ということもありガッツリと
    楽しめます。スピード感もあって中だるみも今のところないし、
    次巻が気になりすぎるという極悪の引き。
    直感で全巻揃えてから読もう……と1巻目を購入した時の判断は
    間違ってなかったです。これ、リアルタイムで読んでたら悶えてた。

  • シリーズ3冊目
    お話が大きな展開を迎え、俄然おもしろくなってきました…!!
    この先どうなるのかとっても気になる!!

    どちらかというとレヴィン派なんだけど、ラウルかっこよかったです(*´∀`*)

  • ※続きモノ。順番に読みましょう。3巻。
    薔薇騎士団ちょっと危うい感じです。
    啓も高校卒業間近になり、マルタへの移住が決まり。
    ラウルは啓に翻弄されてますが、結局やりたい放題やっちゃう始末。レヴィンに対してはちょっと積極的にやっちゃったり・・・。
    それはさておき、ルイスが薔薇騎士になり総帥の座を主張。
    そんな時、啓の出自が発覚し薔薇騎士だけでなく不死者の血も流れている啓をルイスは総帥として認めないと排除しようとする。
    どうやらアダム側とのつながりがあるらしく、啓たちは落としいれられて離れ離れに・・・!

全16件中 1 - 10件を表示

薔薇の陰謀 (SHYノベルス265)のその他の作品

夜光花の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

薔薇の陰謀 (SHYノベルス265)を本棚に登録しているひと

ツイートする