今宵、天使と杯を (SHYノベルス266)

著者 :
制作 : ヨネダ コウ 
  • 大洋図書
3.60
  • (24)
  • (40)
  • (43)
  • (10)
  • (3)
本棚登録 : 294
レビュー : 20
  • Amazon.co.jp ・本 (254ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784813012344

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • もう一冊同時に読んでそれも印象薄目なヤクザものだったからごっちゃになってるのもあるかもだけど印象薄し。
    「朝起きたら知らない男が隣りに…」というヤツです。背中に天使の入れ墨があるのです。お約束な始まりで、安心感のある展開、変わったもの読んで心の地雷を踏んじゃいたくない時によさそう。
    攻めが無口というか感情を表さないんだけど、その分よくわからない感じで最後まで行ってしまった。受けはEDだったり可愛い意地っ張りで妬いたりもしてそれなりに可愛いんだけど…すみません、ワタクシ的に萌えはありませんでした。ヤクザものは好きだけどそっちの描写も少ないかな

  • 可愛い、もう、なんなの、可愛い!!
    893とリストラ嫁に逃げられた男というシチュなのに、もうなんだかなぁ。
    シリアスな部分もあるけど、所々コミカル。
    4部構成で、垣間見得る感情の変化が良かった。

    もう、最後の章なんか可愛いしか出てこない(笑)

  • やくざ×サラリーマン(ED)。
    刹那的な攻の執着が悲しくて、ほろりとしました。
    素敵なおはなしです。

  • ★3.5。表紙からシリアスな893ラブを予想してたら、思いがけずコミカルでハートフル(!?)。寡黙で冷徹だけど受には情熱的でちょっとヤンデレ入ったワンコ攻なのかと思いきや、感情未発達の子供みたいな攻だったんですね。萌え的にはそんなに好みじゃないけど、これはこれで面白かったです。まるで刷り込みのように攻が最初から受を慕ってたけど、そうなるまでの過程(出会いの夜)が詳しく書かれてないので、イマイチ攻の盲目さに乗りきれませんでした。

  • 刺青が天使wwやさしいヤクザさんと無精子症でEDでリストラされて妻に逃げられて4重苦のリーマンの話。最後よかった。ライトな感じで読めました。ヨネダコウさんのイラスト綺麗です。

  • 飲みすぎた翌朝、目覚めると自分の隣には見知らぬ男が眠っていた。しかも場所はラブホテル!男の背中には刺青が・・・
    アル中でEDのダメ男・柚木と無口な年下のヤクザ・四方。おもしろくて、だけどせつない男たちの恋の物語、
    書き下ろしも加えて新装版誕生!!
    (出版社より)

  • 大事なクライマックスシーンで主人公の心理が理解できなかったのが残念。大切な人が死ぬかもしれない状況でこんなふざけたこと思うの?って思ってしまって、それに邪魔されてイマイチ盛り上がらなかった。
    好きな系統の話ではあるのでいずれ違う作品にも手を出してみようかなと思ってます。

  • 評価が良かったので買ってみた。
    BLのヤクザものって何かやたら多いですが、ファンタジー過ぎて好みません。この作品もやっぱりファンタジーでした。

  • 新装版。コメディとシリアスの狭間を行ったり来たりで最後まで掴みどころがありませんでした。ヘビーな話のはずなのにどこかコミカルなテンポで進んでゆく不思議な小説でしたね…結果的に全て丸く収まったのでよし。

  • 色々情けない状況にあるリーマン、気がつけば、背中に天使の入れ墨のある893と 二週間限定のお付き合いをする約束をしていた!この人 近頃 人気の某ヒーロー虎さんを思い出させる。本質は正義感が強くて 情が厚い…。 気がつけば …一途な893に心を持ってかれちゃった…。なんとも可愛い二人です。

全20件中 1 - 10件を表示

今宵、天使と杯を (SHYノベルス266)のその他の作品

英田サキの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

今宵、天使と杯を (SHYノベルス266)を本棚に登録しているひと

ツイートする