ヘブンノウズ (SHYノベルス279)

著者 :
  • 大洋図書
4.02
  • (24)
  • (38)
  • (18)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 274
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・本 (262ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784813012474

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 繝吶せ繝医そ繝ゥ繝シ菴懷ョカ縺ィ繧、繝ゥ繧ケ繝医Ξ繝シ繧ソ繝シ縺ョ蜊オ縺ョ繧キ繝ェ繝シ繧コ隨ャ1菴懊?ゆコ碁?縺ォ繧ゆク蛾?縺ォ繧ゅΑ繧ケ繝?Μ繝シ縺ェ遲狗ォ九※縺ァ髱「逋ス縺??ゅ↓縺励※繧ゅ?∝濤莠九?縺?k縺雁ア区聞縺ッ諞ァ繧後□笙ェ

  • シリーズ第一弾

    攻め:渋澤征武
    受け:千野旭


    母親が殺されたあと全く喋らず、家から一歩も出なくなった弟・ミツルと暮らしている旭。ネットに細々と上げているイラストを見て挿絵を依頼された有名作家・渋澤と知り合う。誰とも会いたがらなかったミツルが渋澤には懐くのを見て嬉しいが嫉妬もしてしまう。
    バイト先の同僚・美奈代がバイトを長く休んでるのも気になっていて…。

    渋澤が『枯れ葉の寝床』を持ち出してきていたのが私にはツボwww
    BLを読む腐女子ならみんな馴染みがあるよね、と一人ニヤニヤしました。
    美奈代の殺害と冷蔵庫、手塚のことは早いうちから分かるので推理物とは言えないけどサスペンスっぽくて良かった。
    他の同居人たちにもいろいろ過去があるようだし、続きが気になります。

  • あー。かわいいお話しで、好きです。
    攻がかわいいおやじ(笑)
    幽霊ものなので、英田さんの作品としては異色です。

    ヘブンノウズシリーズ(2013年現在3冊刊以下続刊)
    1.「ヘブンノウズ」
    2.「ヘブンノウズ足跡」
    3.「ヘブンノウズ贖罪」

  • 久しぶりの英田さん(当社比)
    散りばめられたエピソード、癖のある登場人物たち……相変わらず読みごたえアリです。
    が、しかしL成分がモダモダしとります……www
    まぁ、ここでこの展開でL全開になられても萎えますがwww
    まだまだ続くようなので、きっと!!

  • ヤクザでも警察でもなく、作家とイラストレーター。英田サキは振り幅が激しいんだけど、新しいですね。  殺伐とはしてないんだけどキャラクターそれぞれに色んな過去を背負っていそうで、それが今後どのように紐解かれ昇華されてゆくのかが楽しみです。

  • BLっぽくないBLで、ちょっと不思議なお話で素敵でした。
    続編期待。

  • 生真面目で不幸体質で貧乏、でもイラストの才能があって、親に先立たれて小さな弟を一人で健気に育てている頑張り屋で意地っ張りな受と、大金持ちのベストセラー作家でお屋敷に執事や風変わりな友人達と住んでいる年上のハンサムな攻。ある日、イラストの才能を見込まれ、弟の面倒も見るからと屋敷に住むことになって…
    逆ハーレム少女漫画展開でオカルト風味。昔の花ゆめとかララで読んだような展開…。
    ミステリー部分はわざとなのか犯人見え見えだし、うーん。
    シリーズの続きは買わなくてもいいかな。
    エス、DEAD LOCKシリーズ以外は微妙だな〜。

  • ほぉ〜何とも余韻の残る不思議な作品でした。ファンタジー仕立てのミステリーBL風味とでもいうのでしょうか。
    個性的な渋澤邸の住人達とのやり取りがユーモラスで軽いタッチに進んでいったかと思えばホラーを彷彿させる終盤だったりして。
    張り詰めた糸が切れて嗚咽する旭を渋澤が優しく慰めるシーンにホロッとしてしまいました。BL展開はまだこれからといったところですが、意地っ張りな旭とミステリアスで浮世離れした渋澤の距離が少しずつ近づいていく様子を楽しみたいと思います 。
    奈良さんのイラストもファンタジックな世界観に合っていてとても美しいです。特に表紙!惚れ惚れします(*^o^*)次巻に続きます。

  • おもしろかった!永一さん素敵(´∀`*) 続いて足跡へ…

  • 主人公がとても私好みで!
    幽霊とか言い出した時はホラー苦手なので「どどどどうしよう」と思ったのですが
    さすが英田せんせい。
    夢中になって最後まですぐ読んでしまいました。
    早く続きが読みたいです。

全19件中 1 - 10件を表示

英田サキの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

ヘブンノウズ (SHYノベルス279)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×