黄金の川岸―坂の上の魔法使い3 (H&C Comics ihr HertZシリーズ 132)

著者 :
  • 大洋図書
4.33
  • (63)
  • (33)
  • (14)
  • (1)
  • (3)
本棚登録 : 297
レビュー : 23
  • Amazon.co.jp ・マンガ (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784813030164

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • やっぱりコミックスで読むと、雑誌で読むのとは違うなぁ…リーは王の魔法使いとして「人を愛してはならない」と命じられ、強い魔法使いで在る為に封印してしまっていた感情を、ラベルを育てる事で呼び起こしてたんだなぁ。かつてのリーの使役であるリリドは、人を愛する事を禁じられたリーの、封印された感情の化身であるからこそ、ラベルではなく王に命を与えたいと願っていたんだなぁ。愛する者、ラベルの為に「死ぬものか」と、死を恐れた事の無いリーが自分の胸に突き立てる杭…はあー、泣ける、『無二の王』も身が千切れんばかりの想いが描いてあったけど『黄金の川岸』も凄い。明治さんの作品に漂う、低体温でぎりぎりの瀬戸際に居ながら諦観してる感じ、好きだ…。その直後に、無事に戻ってこれたラベルが子供らしく安心してうえーんと泣く様が愛おしくてならん。
    魔法使いであるリーが王を、王が魔法使いであるリーを人として愛したいと願った事から生まれた崩壊と再生の物語。これをBLと言うジャンルの範疇の中で納めてしまうのは勿体ない。一作品として、たくさんの人に読んで貰いたい。

  • 完結編。すごく感動して涙が止まらなくなってしまいました。
    そうだったんだ…と納得しつつ、リーも王も、そしてリーの元使役も愛する者をせいいっぱい守ったんだなと感慨ひとしおになりました。

    特に印象的だったのは、リーと元使役の関係です。もともと分身だから心も一緒だったはずなのになぜ対立するようになったのか、というところに心引かれます。
    使役にはかつてのリー自身の願望、本音のすべてが託されていて、想いを遂げようとする強い意志があります。
    ところがリー本人は少しずつ気持ちが変化していくんです。ラベルという守るべき者ができたからなんですよね。

    愛する者を守るために、昔も今もリーは魔力で敵対するものを殺戮します。冷酷な一面を見せるのも、愛のため。使役も同様に愛のためラベルを襲ってきて恐ろしいです。残酷シーンもあるし、荒野に流れる黄金の川も強力な畏怖を感じさせます。
    すごく殺伐としてしまいそうなのですが、そんな中ラベルのかわいらしさ無邪気さにものすごく救われます。
    すごくいい子でまっすぐ育っている。リーは反面教師だったの?ほんとにラベルは愛され系。
    ラベルがいるから、というのがリーの理由になってしまったのがわかり過ぎるほどわかります。

    始まりは王と魔法使いの叶わない恋だったのに、それが発端となってさらに大きな愛へと進化しているところがすばらしいんですよね。
    矮小な恋愛にとどまらないスケールの大きさに圧倒される事間違いなし。
    プラトニックでもここまで強く愛することができるのだと教えられます。
    Hシーン皆無なんですが、そんなのなくても萌え上がります。

    この手のファンタジーは物語の決着のつけ方がまずいと全てがしらけてしまうものですが、期待を裏切らないエンディングが待っていました。最後の最後までドラマチックです。成長したラベルに、また涙が止まらなくなってしまいました。

    完成された世界観がすばらしくて、すっかりハマってしまいました。もっともっとこの先の物語も読んでみたいです。頭の中が妄想でいっぱいになっています。

  • BLというよりブロマンスで終わったな。このシリーズ、世間(BL界)の評判がすこぶる良いのですね。脱力系ゆるキャラとか挟んでくるテンポはかなり好きです。

  • これはBLのカテではもったいない。
    人間愛の話です。
    深いでした。

  • 2015/01/03
    【好き】完結。 リーのもとにずっと捜し続けていた元使役・リリドが見つかったとの報せがはいる。リリドは王・カヌロスの亡骸とともにいると。王の復活を目論むリリドの狙いはラベル。リーとリリドの最終決戦が始まる。リーとラベルの運命は!?(裏表紙のあらすじ引用) 王としての夢(魔法使いと人間が共存する世界)と王自身の夢(リーとのささやかで幸せな生活)そしてリーの望み(誓いから解放されて自由になること)。 ラベルの望みが皆の望みを叶え、幸せに。 リーを守りたい心と愛で天然アホの子・ラベルはよく頑張った。 なんというか読後感はやりきった感と充実感に酔ってしまった。ふぅー。 いやぁーBLのくくりでは惜しいなぁ。

  • 素晴らしかった…!
    本当にその言葉に尽きます。ページを捲る手が止まらないのに、終わってしまうのが真剣に辛かった。こんな物語は初めて。
    ラベルのリーへの愛、リーのラベルと王への愛、王のリーやラベル、ゾラへの愛、リリドの王への愛…そのどれもが切なくて愛おしく、だからこそそれぞれが出した答えに胸が震えるほどの感動を覚えました。BLというひとつのカテゴリに囚われない、まさに珠玉の物語。この本に出会えて本当に良かった。
    名作です。ぜひ手にとって読んで欲しい。絶対に損はしないから。
    それと、前回絶版状態と嘆いていましたが、登録日現在最終巻も一部の書店では在庫ありになっていました。探したときには在庫なしだったのでタイミングなのかどうか。紙媒体で手にしたい人は急ぐべし。追記:この後重版されました。

  • いいですねー。
    こういう物語いいです。全然ありです。
    なんなんでしょうこの愛は。
    深いんだろうな。
    前王の夢そのままを過ごせてる最後のラベルとリー
    これでいいんです。
    ものすごく面白かったです。

  • 魔法使いが多く住む町・ゲルの外れの荒れ山に、魔法使いのリーと弟子のラベルは住んでいる。
    リーのもとにずっと捜し続けていた元使役・リリドが見つかったとの報せがはいる。
    リリドは王・カヌロスの亡骸とともにいると。
    王の復活を目論むリリドの狙いはラベル。リーとリリドの最終決戦が始まる。
    リーとラベルの運命は!? 坂の上の魔法使い堂々の完結。

  • BL注意ー。って注意を書きたくないわ。BL臭全然しないし(3巻は特に)。
    1巻を読み始めたときには、ここまで空気のいいファンタジーになるとは思ってませんでした。世界観も届いた結末も未来もとても素敵です。地味で静かで冷徹なファンタジー好きな人にはぜひおすすめしたい。

  • とうとう最終刊。
    王を復活させようとする自分の分身とリー先生が対決します。
    これは、矢張り王への想いに終止符を打つって事なんでしょうね。
    リリドがあの頃の先生の本心で、今の先生はラベルと過ごした事であの頃とは違ってしまったと。

    とてつもなく素敵なハッピーエンドでした。
    大人になったラベルの方が、父親より好みです。
    大きくなっても使役があのままでこれもたまらない!

    そういえば、先生が黒髪のあの姿の意味って説明ありましたっけ?
    本当に言葉通り、末永くお幸せに。

全23件中 1 - 10件を表示

黄金の川岸―坂の上の魔法使い3 (H&C Comics ihr HertZシリーズ 132)のその他の作品

明治カナ子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村 明日美子
中村 明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

黄金の川岸―坂の上の魔法使い3 (H&C Comics ihr HertZシリーズ 132)に関連するまとめ

黄金の川岸―坂の上の魔法使い3 (H&C Comics ihr HertZシリーズ 132)を本棚に登録しているひと

ツイートする