オールドファッションカップケーキ (H&C Comics ihr HertZシリーズ)

著者 :
  • 大洋図書
4.37
  • (53)
  • (25)
  • (10)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 413
レビュー : 20
  • Amazon.co.jp ・マンガ (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784813032472

作品紹介・あらすじ

寝て、起きて、仕事をする──それだけの毎日、それだけを好きで選んでいる自分に最近少し憂鬱な39歳・野末。
ちょっと無愛想だけど信頼厚い部下29歳・外川は、そんな野末が気になる。
ひょんなことから、女子で賑わうパンケーキのお店に2人で行くことに。
ここから、外川による野末のためのアンチエイジング大作戦が始まった。
休日まで野末のために時間を割く外川に「なぜ」?が募っていく野末だが…!?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • レビューを見て良さそうだったから購入。
    ひゃー!!最高だった!!
    絵のタッチも好みだし登場人物も最高!!
    大好きな1冊になった

  • 2人とも可愛くて優しくて心温まる良い作品でした。
    生活や心の変化など一つひとつの描写がとても丁寧ですごく好きです。映画を見ているような気持ちにもなりました。
    お互いを大切に想う気持ち、時間やご飯を共にすることの楽しさを改めて感じさせられます。
    野末さんのお家の雰囲気や料理が素敵だったので私も丁寧な暮らしを真似したいなあ…。

  • BL◯◯ードやこのBLが◯◯いなどのランキングで軒並み上位に食い込んでる作品です。

    経験上、この手のランクイン作品は当たり外れの差が激しいので今回もかなりハードルを下げて読んだのですが…そのハードルを更に下回ってきました(白目)

    世のBLファンの多くはこれを読んで「最高に面白い!萌えた!」、「今年読んだ中でベスト!」などの感想を抱いて上記のランキングにせっせと投票したのか…と思うとギャップありすぎて笑えてきます。


    私の感想はというと、「詰めれば90分で終わるような話をダラダラと工夫もなく2時間半まで引き伸ばした映画を見てしまったような気分」でした。

    まず文字量の多さに反して内容が薄いことにイライラして、リスのように頰を膨らませながら食事する(しかもそれがカワイイこととして描写される)攻めにうへぇっとなって、ただ回りくどいだけで何の面白みもない恋愛模様で完全に白けました。

    そして最後の単行本描き下ろしでトドメ刺されました。こんなにも迷いなく蛇足だと言い切れる描き下ろしはじめてかもしれない。

    まだ発展途上の作家さんなら今後に期待もできるのですが、この人は恐らくこれで完成形なので目も当てられないですね。

    あの手のランキングの信用度が輪をかけて下がった記念碑的作品でした。これからはもっと慎重に読む作品を決めたいと思います。

  • とても絵も綺麗話も綺麗。美しい

  • めちゃくちゃ良いBL。主人公が可愛くてみんなから慕われる良い男だし、攻めの年下部下の一途な感じも良い。キャラたちのセリフの掛け合いや雰囲気も読んでいて楽しかった。四十路主人公の心の描写や考え方も共感できて、よく作られているなあ。
    読んで絶対に損はない一冊。

  • もう5億回よみかえしてる 

  • とにかくありとあらゆる描写が丁寧で、そこがすごい良かったです。年代が近いからかラブ以外の部分で共感できたり、刺さったりなんかすごかったな…。
    外川の秘めた熱さみたいなのも良かったなぁ。
    ストーリーの丁寧さはもちろんなんだけど、なんかすごい印象に残ったのは背景とかの丁寧さとかもかも。それぞれの部屋の感じとか、二人が行くお店とか。外川の家に初めて向かう道のりとか、ほんとすごい印象的でした。
    あ、映画っぽいなと思ったんですよね、漫画っていうより。ただ映画みたいに背景すべて描き込みでびっしりとかじゃなくて、ほどよい空間が読みやすさと雰囲気作ってて、そこはすごい漫画のよさが出てるっていうか。
    そして主人公二人ともかわいい…最終的にお互いがお互いをかわいいって思ってるのがかわいい…。
    それにしても二人の家もオフィスもめちゃくちゃおしゃれでした笑

  • お互いの事をかわいいって思ってるの良い。癒された。

  • 39才の上司を10才下の部下が慕う。四十路だし、これといって楽しいこともないけど嫌なこともなくただ日常を過ごしてる上司を部下が食事いろんなとこに連れ出してリフレッシュさせる。部下は好きという感情が原動力なんだけど、上司はなぜ?と思いつつ、いつしか二人で過ごす時間が楽しみになっていって。でも男だし、10も年下出し、部下だし、と色々悶々としてる時に部下に告白され、更にでも諦めますと言われ。

    いつ二人がちゃんとお互いの気持ちを通じ合わせられるんだろうとドキドキキュンキュンしながら読みました。
    心のひだを描くのがとても上手いと思います。
    エッチシーンもっと読みたいなぁ。

  • アラサー一途な番犬部下×アラフォー愛され系の美人上司。
    リーマンもので年下攻め…ときたら、ツボど真ん中のはずだったんですが、野末さんのキャラが少し私的ツボからはずれていたみたい。
    「現実には絶対に存在しないであろう、二次元らしい可愛い39歳独身男性受け」という野末さんの設定ですが、こういう「39歳でかわいい独身の受キャラ」をBL妄想してもぜんっぜんOKなリアル男の人ってけっこういるんじゃないかと思っているんですよ…
    なので、美人でかわいくて女性から人気もある野末が、そんなにアラフォーに拘ってるのもったいないなと思ったりしました。
    でも、深読みするとそもそも女性に魅かれないという自分の恋愛嗜好に気づいていなくて、自分が家事全般においてハイスペックで結婚の必要性なかったのかなと。

    外川はそんな野末に恋心を抱いているんだけど、外堀から埋めていくタイプでした。じっくり確実に落としていく派。
    一途なんだけどゴリ押しせずに絶妙な距離感(笑)
    告白した後のあの距離感は、テクニックではなく遠慮してのことだったろうけど、野末もあれで目が覚めたんだと思います。
    恋に臆病で外川の好意に気づかないふりをしていた野末が、ようやく自分の気持ちに素直になって彼の胸に飛び込んでくれて安堵しました。

    ストーリーはもちろんステキだったけど、なにより野末の暮らしぶりが素晴らしすぎて!!憧れてしまいましたよ…!
    お部屋の様子が細やかに描かれていて、彼が毎日どんなふうに丁寧に生活しているのか手に取るようにわかりました。きちんとしてるんですよね…本人は毎日同じことの繰り返し、と枯れたようなこと言ってるけど、なんかほんとに居心地よさそうなおうちで、こんな嫁が欲しいと思ってしまいました。

    番外編は「待て」の限界がきた外川のお話でした。野末はHを最後までしたら飽きられるのでは…?と思ってたらしい。かわいいです。
    料理が自炊から手料理という趣味に昇格したのもかわいいです。
    とりたてて事件も起こらないけど、二人の日常を公私に渡って細かく描写しているのがとても良かったです。

    番外編が朝チュンで、はぁ?と思ってたら描き下ろしにちゃんとラブラブなエロがあって安心しました。

全20件中 1 - 10件を表示

佐岸左岸の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
中村明日美子
有効な右矢印 無効な右矢印

オールドファッションカップケーキ (H&C Comics ihr HertZシリーズ)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×