きみと、もう一度 (スターツ出版文庫)

著者 :
  • スターツ出版
3.54
  • (2)
  • (5)
  • (4)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 65
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (267ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784813701422

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • あの日、あの頃、ああしていれば。こうしていれば。やりなおしたい。そう思う主人公・千夏は20歳。ある日、15歳の自分に戻っていた。
    中身は大人で15歳の自分に戻っていたら、どうするだろう。あの頃に戻りたいと思うのは、誰しも経験があるはずです。
    新しく未来を作るのか、それとも見守るのか。主人公がどうするのかと思いながら。
    とても苦しい展開でしたが、ラストは心が温かくなり微笑んでいました。そんな風に思える主人公がいじらしい。かわいい。そして今坂くんの株がアップします。

  • ラブストーリーというよりは友情物語。
    表現が平凡すぎて、読むのが楽しく感じられなかった。
    ストーリー展開も普通で物足りなさを感じる。
    主人公が現在に戻ってきてから、いろんなキャラが都合よく変わりすぎ(笑)
    非現実的な設定だけど、あの結末から考えると私たちに訴えるべき内容ではあったと思う。

  • 文章は読みやすかったけれど半ばまでどころか1/4程度読んだ所で結末まで完全に予想できてしまう。
    こういう漫画とかラノベ、どこかで読んだ事あるなあと思ってしまった。
    スタ文ってこれに限らずどれもネタそのものが既視感あるものばかりで、だからこそあれだけプッシュされてても食指が動かないんだと再確認。
    主人公が没個性過ぎて全く惹かれない上に応援したいとも思えず、そのせいでやたら淡々とした話だったけれど、これはわざとなんだろうか。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

櫻いいよ(さくら いいよ)
奈良県出身、大阪府在住。2012年『君が落とした青空』でデビュー。同年、『乳房にメス』で「オトナ女子が本当に読みたい小説大賞」の優秀賞を受賞。『図書室の神様たち』が好評を博している。

きみと、もう一度 (スターツ出版文庫)のその他の作品

櫻いいよの作品

ツイートする