天国までの49日間 (スターツ出版文庫)

著者 :
  • スターツ出版
3.43
  • (17)
  • (23)
  • (22)
  • (11)
  • (6)
本棚登録 : 471
レビュー : 30
  • Amazon.co.jp ・本 (429ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784813701781

作品紹介・あらすじ

14歳の折原安音は、クラスメイトからのいじめを苦に飛び降り自殺を図る。死んだ直後に目覚めると、そこには天使が現れ、天国に行くか地獄に行くか、49日の間に自分で決めるように言い渡される。幽霊となった安音は、霊感の強い同級生・榊洋人の家に転がり込み、共に過ごすうちに、死んで初めて、自分の本当の想いに気づく。一方で、安音をいじめていたメンバーも次々謎の事故に巻き込まれ-。これはひとりの少女の死から始まる、心震える命の物語。死んで初めて辿り着いた真実とは-。思いもよらない圧巻のラストに号泣!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 幽霊になってからはじまる恋物語。
    いやー、最後泣くなー。

    でも僕なら、いじめられたら絶対祟る、許さない。
    20180228

  • 弟の本を母経由で横流し(*^_^*)。
    --
    帯に「永遠に心に残る1冊」だの「命の重み、人の温もり…死んでから知るなんて。」だの「大号泣の感動小説」だのといふ惹句が書かれてて、おまけに読者からの感激感想!として「予想と違うラストに、幸せな気持ちが広がりました」だの「途中から、涙が止まりませんでした」だの「ここまで深く、いきることについて考えたのは始めてです」だの「命の大切さを知りました」だのと載せてある。
    どんなにすごい感動のストーリー、感動の結末かと思うて読み始めたが、なんのことはない、いつまで経つても所詮コドモダマシである(>_<)。
    終りにどんなどんでん返しがあるかと、仕方なく期待して読んだけど、結局何もなし。
    これはイケナい。時間の無駄をしてしまつた(T_T;。
    スターツ出版、もう手に取らないやうにチェックしておかねばねば。

  • 一気に読む

  • 主人公が亡くなって、から始まるのが凄い。
    絶対に主人公が幸せになれる道はないのに。
    面白い。最後の作者からのおまけ、が嬉しい。

  • いじめから自殺をはかった主人公。
    主人公が幽霊という不思議な視点からの作品。
    まずページをめくった時に感じる主人公の苦しみだったり、辛さだったり。
    あぁ。痛いな。(心がw)と思う。
    読み進めていくうちに家族の愛情や、友達の感じていた気持ち、そしてある男の子の主人公への気持ちに涙が。。。
    現実にもあるいじめによる様々な感情、いじめられた人の感情や、いじめを見て見ぬフリをしている人や...。
    心がぎゅっと締め付けられる部分もあり。
    でも最後には様々な感情が込み上げ、優しい涙がでる作品です。
    読んだことがない人はぜひ。

  • 途中から予想外の展開(悪い意味)で、読むのが辛い。無駄に長い。

    最初は物語に引き込まれたので星2にしたが、途中からぐだってくるし、無駄に長いのは非常につらい。
    終わりも、折原の生まれ変わりが来た感じだが、30歳のおじさんと16歳の女子高生、しかも女子高生の方は記憶がないという展開。
    これ30歳のおっさんが折原の生まれ変わりに恋して誤りを犯す未来しか想像できないっすよ。

    もうちょっと短い小説だったら評価はあがっていたかもしれない。

  • いじめを題材としたものはどれもやはり重たい文章で描かれていることが多いですが、この作品はファンタジー要素も混ざっているためか、割とライトに読めると思います。

    いじめが時に人の命を奪うことになる、ということももちろんですが、主人公が幽霊の姿になって知る家族や友達の姿から、なくなっていい命なんてないんだよな、と思わされたのでそちらの方が強く印象に残りました。

    学校でのいじめがテーマになり、展開が進んでいくので中高生でも読みやすいと思います。一度読んでみて下さい。

  • 二人の関係はどうなるのかなと思いながら読んでいたのですが、最後の1ページに驚きました。。

  • 社会問題である「いじめ」の残酷さと命の有難さを、自殺して幽霊となった私を通して伝えている作品。虐める側の気持ちを人間の弱さとともに感じた。死人に口無しとはよく言ったものであり、復讐は何の生産性もなく自他共に傷つくことだと改めて気付いた。虐め問題を身近に感じている人が読むにふさわしい本だと思う。

全30件中 1 - 10件を表示

櫻井千姫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
辻村 深月
有効な右矢印 無効な右矢印

天国までの49日間 (スターツ出版文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×