飛びたがりのバタフライ (スターツ出版文庫)

著者 :
  • スターツ出版
4.67
  • (4)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 29
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (350ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784813702023

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 櫻いいよの世界にどっぷり浸かれる作品。
    余計な前知識なしに読んだほうがいい。壮絶であろう出来事から自分のことに置き換えてしまって辛くなることもあるかもしれない。でも信じて最後まで読んだとき、救いというか、優しい風が吹く感じがした。読み終わりもう一度表紙を見て、いろんな気付きと感情が込み上げる。

  • 父の虐待から逃れようとする蓮と生きることを手放そうとしている観月の物語。ずっと男だと思っていた蓮が実は女で、女だと思っていた観月は実は女だったのが驚きだった。もう一度読みたいと思う作品だった。

  • 主人公の蓮と観月。
    お互いの傷を舐め合っているみたいで、読んでいて、気持ちが苦しくなった。
    2人に明るい未来はあるの?

    最後は蓮も母親を受け流す術を身に付けつつあるみたいだし、観月も夢に踏み出せそう。

    変に再会させずに、希望を持たせる終わり方が良かった。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

櫻いいよ(さくら いいよ)
奈良県出身、大阪府在住。2012年『君が落とした青空』でデビュー。同年、『乳房にメス』で「オトナ女子が本当に読みたい小説大賞」の優秀賞を受賞。『図書室の神様たち』が好評を博している。

櫻いいよの作品

ツイートする