神様の願いごと (スターツ出版文庫)

著者 :
  • スターツ出版
3.90
  • (33)
  • (38)
  • (30)
  • (7)
  • (0)
本棚登録 : 563
感想 : 36
  • Amazon.co.jp ・本 (353ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784813702313

作品紹介・あらすじ

夢もなく将来への希望もない高2の七槻千世。ある日の学校帰り、雨宿りに足を踏み入れた神社で、千世は人並外れた美しい男と出会う。彼の名は常葉。この神社の神様だという。無気力に毎日を生きる千世に、常葉は「夢が見つかるまで、この神社の仕事を手伝うこと」を命じる。その日を境に人々の喜びや悲しみに触れていく千世は、やがて人生で大切なものを手にするが、一方で常葉には思いもよらぬ未来が迫っていた-。沖田円が描く、最高に心温まる物語。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 心暖まる一冊になりました。
    後半はずっーと涙目ですし、何か自分自身に問いかけながら読んでました、読後その辺考えさせられる作品です、自分自身に何を問いかけたのかさえハッキリしないけど心が暖かくなるし、頑張ろう、頑張らないと…と思ってしまう、ミステリーや恋愛、又はメッセージでは得られない、この感覚は凄くいい。
    人に紹介したくなります。

  • 夢を守る神さまとそのしもべと化した女子高生の話。
    この歳になっても夢がない自分が主人公と重なって、こういうひとが周りにいたらいいなぁと羨む思いです。
    主人公の行動力は見習いたい。

  • たまたまこの本を手にした時、私も“夢を諦めた”ときだったから、トキワの1つ1つの言葉が胸に刺さった。
    それから、作者さんはそんな気無いかもしれないけど、トキワにときめいてしまう自分がいたり…。笑
    物語がキレイだと思った。読んでて自然に涙が出た。是非たくさんの人に読んで欲しい。
    沖田さんの他の作品も読んでみたいと思いました。

  • 綺麗な話だな、と。
    登場人物、好きだな。神様、キャラ的に。
    また読み返すか。

  • 終わりが読めてしまって
    なんかなぁってなった

  • どんな小さなことでも夢を持って想って願うこと
    それができたときの強さってきっと凄い

    【だから、誰かが笑ったときは自分も笑え。涙を流したときは泣け。】

    それにしても私はちょっと大人になり過ぎてしまったな笑

  • 読みやすくて心が温まる物語。

  • 夢を見ることの希望が分かった。

    人の為になにかするのは、

    凄かった。

  • 小説にハマるようになった理由の思い出の一冊

  • 面白かった。最高!
    私も神様に会いたい!

全36件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

愛知県安城市出身。2012年『一瞬の永遠をキミと』でデビュー。2015年末に刊行した『僕は何度でも、きみに初めての恋をする。』は累計24万部を突破しコミカライズされた。2018年には、『千年桜の奇跡を、きみに ~神様の棲む咲久良町~』(原題『咲久良町シンフォニー』)がポプラ社ピュアフル小説大賞で金賞受賞。その他、『春となりを待つきみへ』『神様の願いごと』『猫に嫁入り 〜黄泉路横丁の縁結び〜』などヒット作多数。その切なくも心温まる作品世界には熱狂的ファンが多い。

「2021年 『文庫 雲雀坂の魔法使い』 で使われていた紹介文から引用しています。」

沖田円の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
恩田 陸
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×