交換ウソ日記 (スターツ出版文庫)

著者 :
  • スターツ出版
3.70
  • (11)
  • (9)
  • (12)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 207
レビュー : 21
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784813703112

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 何も読むものが無くなり、家にあったこの小説。普段だったら間違いなく読まないジャンルだけど、【予想外の結末は圧巻!】の文字に興味を惹かれ、読んでみた。

    まあ、結末は予想外どころか、間違いなくこうなるでしょ!といった結末であったが。

    とにかく最初は主人公の女の子、黒田希美の優柔不断な性格にイライラ。そして、ドラマとかだと結局は江里乃と瀬戸山がくっ付いて、希美は脇役になるパターンだったりするのかな?そして、そうなって欲しいなぁ。
    なんて思いながら読んでいくと、不思議なもので、いつのまにか希美を応援してしまっていた(笑)

    さて、内容はともかく、思春期の甘酸っぱい感じを十分に味わいながら読めた。イライラするかもしれないが、たまにはこんなのもいいかもしれない。

  • 間違えて渡ってしまったラブレターから交換日記をする話。

    直情型の男の子と、八方美人になりがちな女の子のうずうずするやりとりが可愛かった。

    メールもあるのにこっそり交換日記なのが❤️

  • 100%キュン死。
    カッコ良すぎる。青春。
    病んだときに読みたい。笑

  • 瀬戸山くん!!だいすき!!!!

  • スッごくドキドキして!!
    私もこんな~

  • 「赤い、告白」
    机の裏に貼られた手紙。
    彼は何故他の人に読まれる可能性もある方法を取ったのか謎だが、彼女があの席に必ず座っているという確信があったのならあんな間違えが起こる筈ないのにな。
    あれだけ色々と悩みながら書いていた彼女だったが、もっと早い段階で自分の事を尋ねていれば傷は浅かったかもしれないな。

    「黄色い、嘘」
    本当を隠して彼女の振りを。
    あの場で間違いだったと言えたら良かったのだろうが、少しの出来事のせいでその言葉を伝える事が出来ずこのやり取りを続ける事になるとは。
    彼女自身が終わらせたくないという意思もあるのだろうが続ければ続ける程、本当の事を打ち明けた時に相手がどれだけ傷付くか分からないのだろうか。

    「ピンクの、恋心」
    気付きたくない自分の想い。
    二人のどちらにも言い出せない理由は、彼女自身が彼に想いを寄せ始めているからであり嘘でもこの関係を辞めたくないからだろうな。
    思わずやってしまったというのが正しいのか分からないが、行動だけ見ていると彼の想い人は本当に彼女の友人なのか少し疑問に思えてきたな。

    「青い、勇気」
    バレてしまった嘘のノート。
    何が原因で気付いたのか分からないが、もしかしたら彼女と二人きりになった時勘のいい彼なら普段のやり取りと何か違う事に気付いたのかもしれないな。
    自分の意見を持ちそれを言葉にするのはとても勇気がいる事で、もし否定されたらという恐怖に潰されたら曖昧な発言しか出来なくなるだろうな。

    「真っ白な、本音」
    本当を知り教室にまで来たのは。
    あの時じゃなくて、もっと前から気付いていたとは驚きだが嘘に対して嘘を書いた互いの本音を隠した交換日記だったなんてな。
    あのタイミングであんな勢いで来られたら誰だって怒らせたとしか思えないだろうし、その後あんな結末が待っているだなんて予想もしないだろう。
    ただ最後に彼が彼女に語った言葉を聞いてから彼の行動を思い返すと、交換日記の相手がちゃんと分かっていて彼女の事が好きだからこそあんな言動をしていたのだな。

  • 心が荒んでる自分も悪いけどくさすぎた
    あまっあまでなんかあんまりだった
    でも読みやすくてサクサク進めたのはめっちゃ最高

  • 最近の若い子の言葉遣いってこういう感じなんだろか。かっこいい男子という割にあまりかっこよく感じないし、主人公の感情もありきたり。タイトルから想像した以上のストーリーは特になかった。

  • 恋愛的なお話!

  • 人間違いから始まった交換日記から始まる恋愛小説。
    結末もお互いの気持ちも見え見えなんですが、真っ直ぐな青春で良いですね。

全21件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

櫻いいよ(さくら いいよ)
奈良県出身、大阪府在住。2012年『君が落とした青空』でデビュー。同年、『乳房にメス』で「オトナ女子が本当に読みたい小説大賞」の優秀賞を受賞。『図書室の神様たち』が好評を博している。

交換ウソ日記 (スターツ出版文庫)のその他の作品

櫻いいよの作品

交換ウソ日記 (スターツ出版文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする