100回目の空の下、君とあの海で (スターツ出版文庫)

著者 :
  • スターツ出版
3.46
  • (4)
  • (2)
  • (4)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 150
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (298ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784813705031

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 震災モノは初めて読みましたーー
    アタシも、何処か遠くの出来事としてみてたと読後感じたし、被災した人達は描いてある通りなんだろうと思ってしまう………

  • 311を仙台で被災した小学生のその後、前を向いて生きていくまで。

    私は311を関東で被災し、被害はほぼなく、いわゆる「被災地」もどうしても他人事でした。でも、こうして物語で読むことで、「顔も知らないどこかの誰かの被災」ではなく「よく知るあの人の被災」になることでぐっと身近になるし、二度とこのような悲しみを繰り返してはならないと強く思います。311から10年になる今年、2月には大きな余震がありました。私たちは何をするべきか、しっかり考えていきます。

    戦争のお話もすごく良くて、今回も読みごたえがあり一気に読んでしまいました。
    ありがとうございました。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

東京都在住。代表作『天国までの49日間』は2008年に書き上げられ、第5回日本ケータイ小説大賞にて応募総数9,116作の中から大賞を受賞し、作家デビュー。その後、フリーライターに転身。現在、webを中心に小説やコラムを執筆している。最近は開運アドバイザーとしても活躍。著書に『70年分の夏を君に捧ぐ』『100回目の空の下、君とあの海で』『八番目の花が咲くときに』(すべてスターツ出版)、『線香花火のような恋だった』(集英社オレンジ文庫)など。生きることの尊さと儚さ、壮絶さを描いた作品が人気。

「2021年 『文庫 16歳の遺書』 で使われていた紹介文から引用しています。」

櫻井千姫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×