八番目の花が咲くときに (スターツ出版文庫)

著者 :
  • スターツ出版株式会社
4.14
  • (3)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 60
感想 : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (235ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784813706922

作品紹介・あらすじ

本当は君を、心から愛したいのに…。高2の蘭花は自閉症で心を読みづらい弟・稔(みのる)を持ち、周囲の目に悩む。そんなある日、彼に特別な力があると気づく。悲しみの色、恋する色…相手の気持ちが頭上に咲く“花の色”で見える稔は、ちゃんと“誰かを想う優しい心”を持っていたーー。混じり気のない彼の心に触れ、蘭花は決意する。「もう逃げない。稔を守る」しかしその直後、彼は行方不明に…。物語のラスト、タイトルの意味が明かされる瞬間、張り裂けんばかりの蘭花の叫びが心を掴んで離さない‼

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 多様性が叫ばれる中で、いまだに障害への偏見や差別があることが悲しい。人の得意なことや苦手なことはそれぞれなのだから、それぞれを活かせる社会になると良いなと思う。障害だけでなく、多くの人が抱える生きづらさの解消にもつながるはず。

  • 人って本当は優しい人ばかり。
    ただまだどうしても受け入れられないことに直面したら心がぎゅーっと固く冷たくなるね…
    理解できないこともあるけれど、世界中のみんなが自由で尊い存在なんだと思いました。

  • Having a disabled person in the family has various difficulties.

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

東京都在住。代表作『天国までの49日間』は2008年に書き上げられ、第5回日本ケータイ小説大賞にて応募総数9,116作の中から大賞を受賞し、作家デビュー。その後、フリーライターに転身。現在、webを中心に小説やコラムを執筆している。最近は開運アドバイザーとしても活躍。著書に『70年分の夏を君に捧ぐ』『100回目の空の下、君とあの海で』『八番目の花が咲くときに』(すべてスターツ出版)、『線香花火のような恋だった』(集英社オレンジ文庫)など。生きることの尊さと儚さ、壮絶さを描いた作品が人気。

「2021年 『文庫 16歳の遺書』 で使われていた紹介文から引用しています。」

櫻井千姫の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×