ひだまりに花の咲く (スターツ出版文庫)

著者 :
  • スターツ出版
4.00
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 15
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (262ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784813707226

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • もし、作者の名前がないままにこの作品を読んだとしても、わたしは『沖田円』の名前をあてられるとおもう。

    作中のそこかしこに、彼女がいるように感じました。
    登場人物の特定の誰かというわけではなく、誰のどの言葉にもふるまいにも、彼女の持つ要素があるような。

    どこか達観していて、狭いようで広いハートをもっていて、冷めているようでうちに熱いものをもっている(でも滅多にそれは外には見せてはくれない笑)

    自分の世界を変えるのは自分。
    ここではないどこかを求めるのではなく、今いる場所を居心地のよいものにする。

    世界の美しさに気づける目を、耳を、ハートを、持っていられますように。

    毎日怒ってばかりいないで、もう少し自分の世界を綺麗なものにしなくちゃなと思いました。
    とりあえず、明日も仕事をがんばってくるかな。


全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

沖田円(おきた えん)
愛知県安城市出身・在住。代表作に『僕は何度でも、きみに初めての恋をする。』。『神様の願いごと』は安城市を舞台としており、同作は安城七夕まつりの公式ポスターに起用される。『きみに届け。はじまりの歌』は、同作内の作中詩を「緑黄色社会」とコラボレーションし、楽曲化された。

ひだまりに花の咲く (スターツ出版文庫)のその他の作品

沖田円の作品

ひだまりに花の咲く (スターツ出版文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする