神様のまち伊勢で茶屋はじめました (スターツ出版文庫)

著者 :
  • スターツ出版
2.75
  • (1)
  • (0)
  • (7)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 51
感想 : 9
  • Amazon.co.jp ・本 (201ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784813708766

作品紹介・あらすじ

「ごめん、別れよう」――6年付き合った彼氏に婚約破棄された葉月。傷心中に訪れた伊勢でベロベロに酔っ払ったところを、怪しい茶屋の店主・拓実に救われる。拓実が淹れる温かいお茶に心を解かれ、葉月は涙をこぼし…。泣き疲れて眠ってしまった翌朝、目覚めるとなんと“神様”がみえるようになっていた…⁉ 「この者を、ここで雇うがいい」「はああ⁉」神様の助言のもと葉月はやむ無く茶屋に雇われ、神様たちが求めるお伊勢の“銘菓”をおつかいすることになり…。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • この本を読んでると和菓子やお茶が飲みたくなりました!

  • 東京から傷心旅行に来た主人公が、伊勢で神様が来るお茶屋で働くことになる話。
    神様がとてもフレンドリーで、ほんわかするのですが、これからそれぞれのひとたちを掘り下げてほしいと思うくらいなかなかあっさりした終わり方でした。
    続編が出たら読みたいと思います。

  • 似たような設定で始まったなぁと思ったら、莉子ちゃんのお友だち葉月ちゃんがヒロイン。ちょっと絡みもあって、もどかしい(笑)

  • ★★★

  • 伊勢の街には神様が訪れる居酒屋のみならず、茶屋まであるのかぁ。お茶の魅力は計り知れない。そのうち珈琲専門店も出てきてくれたらうれしいな。
    シナのおばちゃんが活躍していてうれしかった。つっちーの指導のもと庭づくりっていいなぁ。

  • 『神様の居酒屋お伊勢』シリーズと同じ世界線の物語。
    居酒屋シリーズを読んでいれば、そこでの登場人物が出てきてニヤリとできる。

    ほっこりした展開は前シリーズ同様読みやすいが、おもてなしの場所が居酒屋からお茶屋になっただけな感じで、物語の展開にこれといった目新しさがなかったのは残念。

  • 全体的にふわふわした感じであまり構想が好みじゃありませんでした。本初心者の人や深い話が苦手な方には良いかも知れません。
    個人的にはもう少し心情描写があっても良かったかなぁとも思いました。過去のお話なんかをもう少し掘り下げて欲しいところがありましたね。
    ですが、薄い本としてはコンパクトに纏められておりやはり初心者さんや普段本に触れてない人には読みやすい作品かなと思いました。
    長編シリーズものに変わればもっと深く掘り下げられる題材だと思いますのでこれからに期待ですね!

  • 神様の居酒屋お伊勢のお茶屋バージョン。美味しいお煎茶、お番茶が飲みたくなります。知ってる神様が何人か登場。できれば、続編が読みたい。

全9件中 1 - 9件を表示

梨木れいあの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×