ベスト・エッセイ2017

制作 : 角田 光代  林 真理子  藤沢 周  町田 康  三浦 しおん  日本文藝家協会 
  • 光村図書出版
3.10
  • (0)
  • (3)
  • (6)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 89
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (324ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784813800026

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 私は、作家さんとの新しい出会いがあるかなと思いエッセイ集を読む。
    今回気になったのはノンフィクションライターの佐々涼子さん。読んでみようと思う。

    あとキアヌ・リーヴスがブッダを演じでカバディをしている映画があるそうな。いつか見てみたい。

    村松友̪みさんの文面の中に顔文字のような記号があった(P187左下)。私には読めなかった。IMEパッドで探してみたが見つからなかった。なんだこれは?

  • ベスト・エッセイは、前年に発表されたエッセイから数本を選んで掲載したもの。
    以前読んで面白いと思ったのに、このたび3年ぶりです。

    今回も面白かったです。
    執筆者には女優とか廃道探検家とか、いろいろいるけど
    作家・小説家が多いです。

    この本で初めて知った人も結構います。
    世の中に、作家って多いんですね。
    いかに自分が同じ人の作品ばかり読んでいるかっていうのがわかりました。

  • 多くの方の文章に触れられます。お得感いっぱい。

  • 選び抜かれただけあって,いずれも素晴らしいエッセイであるが,幅が広いので,個々のエッセイが肌に合うかどうかは,また別の問題.小島慶子と瀬戸内寂聴のが良かったかな.

  • 914.68

  • 私にとってベスト・エッセイのシリーズは、未知の作者、これから追いたい作家に出会うための本。それにしても今回は追悼文が多い気がしなくもない。

全7件中 1 - 7件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ベスト・エッセイ2017を本棚に登録しているひと

ツイートする