こぎつね、わらわら 稲荷神のまんぷく飯 (SKYHIGH文庫)

著者 :
  • 三交社
4.11
  • (2)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 64
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (288ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784815535162

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ブクログの献本企画でいただきました。
    文章はところどころ、ん?となるものの、それを補って余りあるかわいさです。
    シリーズ2巻目から読んだので少し戸惑いましたが、この巻からでも楽しめました。3巻が読む機会があれば、うーたんが出てきてくれると嬉しいです。
    ラノベを読み慣れた若者としては、挿絵があるとなお良いです。

  • とにかく可愛い!
    出てくる料理も読んでるだけで美味しい。
    最後まで読んで続編だと気付いたが、まかない飯を読んでなくてもスッと設定に入り込める。
    1日で読了。
    ブクログ献本企画の当選書籍。

  • もふもふぽっこりご飯物語。
    大好評「こぎつね わらわら」の続編いよいよ登場。
    タイムライン

  • とにかく可愛い。

  • ちみっこ達がかわいい!
    癒された(笑)

  •  2019-06-23

  • いっしょにたべると、もっとおいしい。

    京都で小さな食事処を営む加ノ原秀尚。彼の店は稲荷神たちが集まる里と繋がっており、神様候補のチビ狐がわらわらやってくる。ある日、いなり寿司パーティー中に可愛い女の子・うーたんが現れて、しばらく一緒に暮らすことに。どこから来たのか一切話さないうーたんの空腹と心を満たすため、秀尚は腕によりをかけて料理をする。だが、そこに元同僚で仇敵の八木原までやってきて――!?
    大好評「こぎつね、わらわら」の続編、いよいよ登場♪

全7件中 1 - 7件を表示

松幸かほの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×