読まずにすませる読書術 京大・鎌田流「超」理系的技法 (SB新書)

著者 :
  • SBクリエイティブ
3.38
  • (2)
  • (6)
  • (15)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 119
レビュー : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784815600099

作品紹介・あらすじ

あなたの読書人生をくつがえす禁断の技術

★「本が読めない…」「でも読みたい…」にどう向きうか?
ベストセラー・名著だからといって全部読む必要はない!
「自分の体癖」を知ることで、ムダな読書や積ん読は卒業できる!
京大理系人気教授が教えてくれる、
ポスト平成時代に役立つ一生モノの「超」合理的読書術

―――――――――――――――――――――――――――――――

「本を読んでも難しくて、最後まで読み進められない…」
「速読をしても、なかなか内容が頭に入らない…」
「本は好きだが、なかなか読む時間がなく積ん読状態に…」
このような声をよく耳にします。

そんななか、著者が提唱するのが
「読まずにすませる読書術」です。

本書では、本は好きだが時間、意欲、集中力、記憶力などなんらかの理由で
「なかなか読めない人」「読んでも頭に入らない人」「読んでも途中で挫折する人」を対象に、
これまでの速読法や多読法とも一線を画した
著者流の無駄を省く「読まずにすませる」読書法を提示します。

本を読む前に大事なのは、「自分の体癖」を知ること!
相性の悪い本は、体の癖が作る相性の問題なので
読もうと努力するほどムダなエネルギーを消費することになります。
ですから「合わない」と感じたら、無理して読む必要はないのです。

本書を読み「自分の体癖」を知ることで、
読むべき本と読む必要のない本の選書眼が養えるとともに、
本の中の読まなくていい部分がわかるようになります。
また、自分の最適な読書スタイルが難なく確立できます。

結果的にムダな読書で人生を浪費する必要がなくなり、
「読後の知」を生かせる有意義な人生が送れるようになる――。

ポスト平成時代を迎えるいま、京大理系人気教授が教えてくれる、
これまでの読書術にはなかった新しい方法を示す画期的な1冊です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ほぼほぼやってることばかりだった。ただ面白いなぁ…と思ったのは、野口晴哉の『風邪の効用』の体癖と、読書の体癖?を組み合わせているところ。体癖の感受性。

    私の読書のタイプは「開閉」(9種、10種)の「閉」。全くその通りだと思った。
    書籍の好みは…閉じた時間、空間で話が展開していく作品。『「いき」の構造』とかが合っているそうで、本当にそうなのか…?この本を読んで実証してみようと思っているところ。
    すこし疑問というか違和感があったのが、「開閉」じゃなくて「閉開」なんじゃないか…と、ふと思ったりした。

    残念なところは話があっちこっちにいっぱい飛んで、読んでいて疲れるというか、いちいち気が散ってしまうこと。この「読書の体癖」に絞ってぎゅっと濃く書いていてくれたら、もっと面白かったと思うのにな…。これも合う合わないという一言で片付いてしまうのかな。ちょっと著者にブーメランな感じがしたりして。

    読了後にアウトプットすることが重要。あと直感や「本に呼ばれる」という感覚はやはり大事らしい。こういうところは素直に「うんうん」と、読むことが出来た。

  • 参考文献

  • 取捨選択、アウトプットの知恵が沢山。

  • 読まなくて良い本の選び方や飛ばして良い文はどういうものかという記述が印象に残る。

    要は直感で本を選び、自然体で力まず読む。そして、頭に入ってこない文章は無理に読み込もうとせず、飛ばす。という感じ。

  • 【No.125】「人生にとって大切なことを吸収する、すなわち学ぶこと自体が本を読む目的です。ひと言で言うと、人生を豊かにするためにする”知的活動”が読書」「”本を読む事”が目的になると、何のために本を読んでいるのか、何のためにこんなに買い込んでいるのかがわからなくなってくるでしょう。まさに、”人生を浪費”する”ムダな読書”が増えていくだけになりかねません」「量を多く読むことばかりしていると、ものを考える苦労をしなくなり、他人の思想に頼るだけとなって自分で考える力をなくしていく危険性があります。これが”本に読まれてしまう”状況なのです」「絵画的読書=つまみ食い的な読書。美術館に展示されている絵画は、好きな画家から見ても、有名な作品だけを飛びとびで見ても、鑑賞の仕方は自由」「音楽的読書=音楽を聴くように、最初から最後まで順番に追ってゆく。その代表は小説」「読書の原則は、今の人生を変えてくれる”何か”を得ることです。したがって、人生が変わらないのであれば、そもそも手元においておく理由はありません」「読書とは、過去の蓄積にすがる、頼ることです。もちろん書物という過去の遺産に頼ることが、仕事や人生の指針を得るうえで役立つ場面は多々あります。しかし、未来の生き方が変わる読書をすることもまた大切です」「本を読もうとするのも、自分のもつ知識と著者の知識や見解が、そう違わないことを確認して安心する行為です。これまで自分ひとりではちょっと自信がなかった考えについて、間違いではなかったことを著者に確かめてもらう作業といってもいいかもしれません」「読んでネガティブな感情を起こす本、”今のアナタにはこれが足りない”と、ひたすら煽る本は、読んでも人生を幸せにしてくれるとは思えない」「読書とはすでに八割方知っていることの追体験と追認です。読む本が変われば追認することも変わります。そうした認識もまた読書の楽しみ方ですし、追認であってもさまざまな本を読むことで世界はさらに広がっていきます」

  • 傾向としては「一生モノの勉強法」と同じ。読まずにすませる本の見分け方、無意識や身体による判断を優先するなどのノリは継続。

    同じ系統で著作が続くのはどうかな?、と思うところはある。自己啓発本としては、もう少しカリスマチックなノリがあった方が良いのかな?とも思った。

  • <目次>
    はじめに
    第1章  ムダな読書で人生を浪費しないための新しい読書術
    第2章  読まずにすますほど読書の効果が飛躍する
    第3章  「読まなくていい」を見抜く選書眼の養い方
    第4章  「読む必要がない」を見抜いて確実に頭に残す方法
    第5章  読後のアウトプットにつながる習慣
    おわりに

    <内容>
    地球科学者の京大教授鎌田先生の本。自分の読書暦を本書で語ってくれるが、理系ながら結構文系の古典を読破されている。この本の骨子は「本は全部読む必要はない」。そのためにまえがき・目次・中見出し・奥書きを見て、必要箇所だけ読めば済む、と述べる。あとは本を汚せ、とか他の方も言っていることが書いてあります。

  • ストックからフローへ
    ブリコラージュ

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1955年東京都生まれ。1979年東京大学理学部地学科卒業。通産省地質調査所、米国内務省カスケード火山観測所を経て、1997年より京都大学大学院人間・環境学研究科教授。理学博士。専門は火山学・地球科学。京大の講義は毎年数百人を集める人気で教養科目1位の評価。著書に、『理科系の読書術』『地球の歴史』(以上、中公新書)、『世界がわかる理系の名著』(文春新書)、『火山噴火』(岩波新書)、 『京大人気講義 生き抜くための地震学』(ちくま新書)、『地球とは何か』(サイエンス・アイ新書)など多数。

「2020年 『理学博士の本棚』 で使われていた紹介文から引用しています。」

読まずにすませる読書術 京大・鎌田流「超」理系的技法 (SB新書)のその他の作品

鎌田浩毅の作品

読まずにすませる読書術 京大・鎌田流「超」理系的技法 (SB新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする