日本の貧困女子 (SB新書)

著者 :
  • SBクリエイティブ
3.47
  • (11)
  • (14)
  • (17)
  • (6)
  • (3)
本棚登録 : 260
感想 : 24
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784815601232

作品紹介・あらすじ

東洋経済オンラインで1億PV突破の人気連載
「東京貧困女子。」が、2019年ノンフィクション本大賞にノミネート!

働く単身女性の3人に1人が年収114万円未満。そこから家族、地域、制度の三つの縁をなくした女性たちが最貧困女子に落ちていく。
都心に比べ地方の女性たちはその三つの縁が保たれていることによって、セックスワークで日銭を稼ぐほかないそんな状態に陥る女性は比較的少ないといわれているが、それは果たして本当か。
地方消滅が叫ばれ、都会以上に貧困化が進む地方において、彼女たちが孤立に陥ったときどんな現実が待っているのか。その実態を明らかにする。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 著者の前著『東京貧困女子。』がヒットし、2019年ノンフィクション本大賞にもノミネートされたため、その続編というか「地方編」として企画されたもの。

    4章立て。
    そのうち1~2章は、茨城・栃木・群馬の北関東3県の貧困女子に取材したノンフィクション。
    3章は島根・神奈川・東北出身の貧困女子を、4章は沖縄の貧困女子を、それぞれ扱っている(「女子」といっても、中には中年女性もいるのだが)。

    登場する貧困女子たちの語るエピソードがどれも凄絶なので、その迫力で一気読みさせられる。
    だが、ノンフィクションとしての質は低い。

    私がこの人の著書を読むのは、これが6冊目。
    その経験をふまえて感じることだが、この著者には自分の限られた(そして偏った)見聞を根拠に、全体を決めつける悪癖がある。

    たとえば、旧著『崩壊する介護現場』は、介護業界で働く女性の多くが副業で性風俗をやっているように思えてしまう書き方をしていた。
    「そりゃ、中にはそういう人もいるだろうけど、まさかそんなに多くはないだろ」と思ったものだ。

    本書もしかり。
    1~2章を読むと、茨城・栃木・群馬が、女性が不幸になるしかない恐るべき「人外魔境」に思えてくる。
    男尊女卑の風潮がいまだに強く、女性のまともな働き口はほとんどなく、心を病む女性がすごく多く、金を得ようと思ったら売春するしかない土地、というふうに……。

    本書に登場するようなミゼラブルな貧困女子も、もちろん中にはいるだろう。が、けっして多数派ではないはずだ。
    なのに、本書を読むと、北関東の女性は大半が貧困女子であるように思えてしまうのだ。

    私が栃木県出身なのでよけいそう思うのだが、本書の北関東像は偏っているし、歪んでいる。

  • 国立女性教育会館 女性教育情報センターOPACへ→https://winet2.nwec.go.jp/bunken/opac_link/bibid/BB11452015

  • 桃山学院大学附属図書館蔵書検索OPAC↓
    https://indus.andrew.ac.jp/opac/book/633099

  • 働く単身女性の3人に1人が貧困状態と言われる日本。
    親の貧困による子の貧困スパイラル
    地域的な男尊女卑
    学が無いので正規雇用にありつけない
    モラハラ・DV男との交際による搾取

    様々な原因で本当に簡単に
    「貧困」から「最貧困」へ落ちてしまう現状

    学があっても知識がなければ
    知識があっても運がなければ
    それは自分にも決して関係の無い話ではなく
    あのとき勉強を諦めてしまっていたら
    あのときあの男と別れていなかったら
    あのときこの仕事を選んでいなかったら
    あのとき違和感を飲み込んで結婚してしまっていたら…
    たぶん自分もこの貧困の中にいたのではないか
    女性ならば誰もがこの貧困と隣合わせで生きているのではないか

    確かにきっかけは自己責任と言われる
    自身の選択によるものかもしれないけど
    自己責任によるささやかな躓きによって
    一度貧困に落ちたらもう二度と這い上がれない
    そういう社会になってしまっているのが今の日本

    興味深かったのは
    体を売る女性の割合が多いかどうかが
    その国、地域が貧困社会にあるかどうかの
    バロメーターになるということ

    コロナ初期のナイナイ岡村の問題発言もあったけど
    このコロナによって本当にそういう流れが増えてしまったら
    (この本曰く既にパパ活市場は飽和状態らしいけど)
    それは他に稼ぐ術の無い人生選択をしてきた
    個人の自己責任問題だけではなく
    そこから抜け出す事のできない構造になってしまっている
    日本という国の貧困として
    そのうち他人事ではなくなるかもしれないと思って
    世間を見ていないといけないのかもね

  •  ノンフィクションライター、中村淳彦氏の「東京貧困女子」(2019.4)に続く「日本の貧困女子」(2019.11)を読みました。都会以上に貧困化が進む地方。東京50km圏内までが「郊外」、そのエリアを越えると「地方」。その地方の一例として茨城、栃木、群馬の北関東3県を取り上げています。貧困の原因は土地。工場、介護、風俗くらいしか仕事の選択肢がない。風俗以外は低賃金、親にパラサイト。看護師と風俗嬢のダブルワーク、お金を介在した不倫など。著者は、日本はもはや後進国、衰退途上にあると。景気の回復、どうすれば!

  • 沖縄の実態も、今まで読んできたものより遥かにひどくて言葉も出ない、、、
    中卒、中学生のうちからキャバはよくあると思っていたけれど、ピンサロまで働くなんてもう本当にヘルオキナワとしか言いようがない。
    自分が貧困家庭に生まれて苦労した、という自負があったけれども、大学まで通えているわけだし全然自分よりひどい家庭状況がたくさんある。だからもう悲観してばかりいるだけでなくて、何かしらに携わらなければという使命感しかないよな。大学始まったら教授にアポ取りに行きたい、、、
    中村氏だからこそここまで介入して話聞けたと思うし、今まで色々読んできたけれど、様々な現状をわかりやすく伝えているので今後も読んで勉強していきたいと思います。あと中年童貞もまだ積読中。

  • 何の解決策も示されず、低所得女性の悲惨な生活が描かれている。ここに描かれている女性たちは、かなり特殊なケースなのではないだろうか?それとも、街にいる女の子たちの何割かは、実際このような生活をしているのだろうか?

  • 地方都市の困窮状況は先日某北関東に行って感じたこと。ここに書かれていることは決して大げさではないのだと。

  • ●貧困女子として、環境や浪費、性被害、不貞行為、全部同列で現況レポートされている。状況は理解した。で、筆者が伝えたい事はなんなのか?社会構造の問題?男女の収入差?毒親が大きな要因だとは思う。

全24件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1972年生まれ。ノンフィクションライター。AV女優や風俗、介護などの現場をフィールドワークとして取材・執筆を続ける。貧困化する日本の現実を可視化するために、さまざまな過酷な現場の話にひたすら耳を傾け続けている。『東京貧困女子。』(東洋経済新報社)はニュース本屋大賞ノンフィクション本大賞ノミネートされた。著書に『新型コロナと貧困女子』(宝島新書)、『日本の貧困女子』(SB新書)、『職業としてのAV女優』『ルポ中年童貞』(幻冬舎新書)など多数がある。また『名前のない女たち』シリーズは劇場映画化もされている。

「2020年 『日本が壊れる前に』 で使われていた紹介文から引用しています。」

中村淳彦の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
アンデシュ・ハン...
辻村 深月
凪良 ゆう
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×