僕は、死なない。 全身末期がんから生還してわかった人生に奇跡を起こすサレンダーの法則

著者 :
  • SBクリエイティブ
4.14
  • (4)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 53
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (368ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784815602710

作品紹介・あらすじ

人生に奇跡を起こすサレンダーの法則
2016年9月、心理学の人気講師をしていた著者は、突然、肺がん告知を受ける。それも一番深刻なステージ4。すでにリンパにも骨にもがんが転移し、手術も放射線治療もできない状態だった。医師からは、抗がん剤治療をしても1年生存率は約30%と告げられる。
それでも、著者は「絶対に生き残る」「完治する」と決意し、自分でがんを治すため、医師から勧められた抗がん剤治療を断り、完全玄米菜食、断塩、断糖、ノニ・アガリスクをはじめとするサプリ、気功、漢方、自強法、陶板浴、ヒーリング、呼吸法、八門遁甲など、あらゆる代替医療、民間療法を試みる。
しかし9カ月後、その努力もむなしく、がんは全身に転移し、最後は脳も侵され、医師からは「いつ呼吸が止まってもおかしくない」と告げられる。
その時、著者は「やれることは全部やった。命がけでやって、やって、やり尽くした。それでも、ダメだった……」と天を仰ぎ、「もう僕にできることはなくなった。完全に降参です。全てをゆだねます」と呟いた。そのとき、著者はある神秘的な体験をすることになる。
そして、それからの4日間、著者の身に全てが最初から計画されていたかのような奇跡的な出来事が次々と起こっていく。そしてその1カ月後、全身に転移していたがんは消え去っていた……。
本書は肺がんステージ4からの奇跡的な生還の実録ノンフィクションであるとともに、著者がその壮絶な体験を通じて知った人生に奇跡を起こす法則、「サレンダー(明け渡し)の法則」について紹介する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 末期がんから生還した人の体験記。

    人間が危険に面した時に取る行動が「闘争」か「逃走」か。

    果たして病気というもの戦うべきものなのか、それとも逃げるべきなのか。

    著者自身がたどり着いた「サレンダー」の境地とは…。

    自分だったら・・・という視点で読むと色々と考えさせられます。

  • 2月のある日のこと、妻が
    「この人の話、まるであなたのことが書いてあるみたい。是非、読んでみて。」と言って、この本を手渡された。

    頸椎の痛みから本を読むのがしんどい体調だったにも関わらず、読み始めると一気に読み進めてしまった。
    妻が言うように難病を宣告された14年前から今までの自分を思い起こす物語だった。




    ・難しい病気には違いないが、先づ「良くなる」と決め、そのことを信じ続けられた。

    ・とは言いながら、恐怖に押しつぶされそうになった時もある。そんな時も含めて困った時には必ず自分を助けてくれる人との出会いを与えられた。

    ・現代医学に限らず、病気、身体や健康についてたくさん本を読んだ。更に以前なら受け容れなかったスピリチュアルや精神世界の本までも読み、世界がどんどん広がっていった。

    ・会社以外の世界に積極的に出るようになった。
     本とあわせ、価値観も人生観も全く変わってしまった。

    ・病とは肉体だけが原因ではないと悟った。

    ・結果、医師も驚くほどの回復をみせた

    ・自分の体験を誰かの役立てたいと思うようになり、生き方を変えた。

    ・本当の自分を生きろという声がしてたくさんの囚われや思い込みから解放して多くのことを手放し、自分を赦し、天に委ねられるようになった。そこから、自分の喜びを選択して生き、自分を愛せるようになった。



    もちろん、著書の刀根さんと私とは別々の人生を歩んできたゆえ、まったく同じというわけではない。ただ、病…その時は人生最大のピンチが来たと思った‥がきてからの流れや気付きがとても似ているのだ。
    もっとも、私が14年かかったことを刀根さんは1年足らずで気付き、サレンダーを体感されたのであるが。

    この本は癌患者や病を克服したい人だけに読んでもらいたいものではない。

    人は生きている、いや生かされている中で様々な体験を重ねていく。それは嬉しいことや楽しいことだけではなく、辛く苦しいことや哀しいこともたくさんある。
    重要なのは、そのすべての体験が今の自分をつくっているということである。

    「大変」という字は「大きく変わる」と書くが、「大変なことを乗り越えた時、人は大きく変わることができる」と聴いたことがある。

    私自身の体験でいえば、辛く苦しいことが大きければ大きいほど、そのことで誰かを恨んだり過去を悔やんだりはせず、自分でも不思議なほど全てを受け容れられた。

    一説では、「人は体を持って生まれてくる時に自分の人生を計画し、その記憶を忘れて生まれてくる」と言われている。
    そう、自分の人生は「脚本」「主演」「監督」全て自分てある。だから、人生においてどんなことが起きようが、全ては自分の脚本通りなのだから、主演として楽しそうに演じてみせればいい。監督である自分から「OK」をもらえるように、とことん人生を楽しむこと。

    この本を通じて、少しでもそんなふうに感じて下さったら嬉しいです。


















  • 半分くらい読んで挫折しました。

    ステージ4の肺がんになり、その後全身に転移。

    ひたすら、治療法を模索する記録。
    読んでてしんどいです。

    まさに今、ガンになり、必死で治療法を探している人には良いと思います。

    私は胃がんでステージ2(最初は3と言われてましたが)で胃の3/4を摘出し、
    その後抗癌剤治療を行い、現時点で術後3年半。
    5年の経過観察中。
    抗がん剤服用中はそれなりにつらかったし、その後お約束みたいに
    腸閉塞で再手術。また、死にかけた。

    でも、なんか。
    こんなに必死に治療法を探す気にはならなかった。
    自分が変なのかもしれないが。

    著者は抗がん剤治療を頑なに拒否したり、なんか結構呪術的なものに頼ったり。
    無様さをそのまま詳細に記述しているのはすばらしい。
    必死に生きようとする姿勢は全く正しい。

    で、結局、死の淵から生還されたのだから、結果オーライです。

    著者は非常に優秀なビジネスマンであり、ボクシングのコーチもしておられる。
    わたしも一応ボクシング経験あり、ダメダメな社会人ではあるけれど、今ひとつ
    シンパシーは持てないのでした。

    ごめんなさい。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1966年、千葉県出身。OFFICE LEELA(オフィス リーラ)代表。東京電機大学理工学部卒業後、大手商社を経て、教育系企業に。心理カウンセリングの資格取得コースの開発や人事部門での教育・研修・制度開発を担当する。その後、人事制度改革や風土改革等のコンサルティング、企業や病院におけるコミュニケーションやリーダーシップ研修を通じて2万人以上に指導するなど、人気講師として活躍する。また、ボクシングジムのトレーナーとしてもプロボクサーの指導・育成を行ない、3名の日本ランカーを育てる。2016年9月1日に肺がん(ステージ4)が発覚。翌年6月に新たに脳転移が見つかり、医師から「いつ呼吸が止まってもおかしくない」と告げられる。さらに精密検査で、両眼、左右の肺、肺から首のリンパ、肝臓、左右の腎臓、脾臓、全身の骨に転移が見つかるが、その絶望的な状況の中である神秘的な体験をする。その神秘体験後、1カ月の入院を経て奇跡的に回復。2017年7月末の診察でがんはほとんど消失していた。現在は、がんからの壮絶な生還体験で得た気づきを講演や執筆などを通じて分かち合う活動を行なっている。

「2019年 『僕は、死なない。』 で使われていた紹介文から引用しています。」

刀根健の作品

ツイートする