がんばらない生き方大全 世界最先端の心理学が教える「無理せずパフォーマンスが上がる」方法

著者 :
  • SBクリエイティブ
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 46
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784815610111

作品紹介・あらすじ

がんばりたくないときには、もうがんばるのをやめましょう。 どうせ、やる気なんて心のどこからも出てこないのですから、がんばろうという試みはすべてムダな努力。どうせやる気が出てこなくて、「私は本当にダメなヤツだな……」と余計に気分が落ち込むだけです。 とはいえ、「がんばって働かないと、生活に困ってしまう」ということもあります。 したがって、現実的に考えてみた場合、最高の作戦は、【なるべくがんばらずに、それでもそれなりのパフォーマンス】を見せなければなりません。 やる気が出ないからといって、仕事をサボっていたら、すぐにクビ。何としても、そういう事態だけは避けなければなりません。読者のみなさんも、人生の落伍者になるのはイヤですよね。 では、どうすればそんなに必死になってがんばらずに生きていけるのか。 その答えは、本書の中にあります。 本書には、【そんなにがんばらなくとも、しっかりと生きてゆくための心理テクニック】をたっぷりと詰め込みました。どんな人でも、きちんと仕事での業績をあげながら、「がんばらない生き方」を学ぶことができるはずです。 なお、本書では、「やりたくないから、やらない」「やる気が出ないから、出社しない」といった無責任な姿勢はとりません。あくまでも、「なるべく心理的な負担を減らしつつ、そんなに汗をかかずに、上手に良いパフォーマンスを上げるコツ」を提案していくつもりです。 実をいうと、そんなにあくせくと働いているわけでもないのに、しっかりと仕事で良い成績を残し、たくさんの給料を稼ぎ出し、しかもプライベートの生活も充実している、という人たちは、本書のテクニックを使っているのです。本人は気づいていないかもしれませんが、世の中の「要領よくやっている人たち」は、みな共通して、本書で提唱する「がんばらない生き方」の心理テクニックを実践し、その恩恵を受けているのです。 さて、前置きはこのくらいにしましょう。 「なんだか怪しげな本だな……」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、本書で取り上げる心理テクニックは、すべて一流の学術雑誌に発表された研究に基づいたものばかりですから、どうぞ最後まで安心してお読みください。 目からウロコの知識ばかりが得られることを保証いたします。

著者プロフィール

心理学者。有限会社アンギルド代表。立正大学客員教授。慶應義塾大学社会学研究科博士課程修了。ビジネス心理学の第一人者として、実践的な心理学の応用に力を注いでいる。主な著書は『世界最先端の研究が教える すごい心理学』(総合法令出版)、『「人たらし」のブラック心理術』(大和書房)、『めんどくさい人の取扱説明書』(きずな出版)など多数。

「2022年 『がんばらない生き方大全』 で使われていた紹介文から引用しています。」

内藤誼人の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
リンダ グラット...
メンタリストDa...
アンデシュ・ハン...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×