妄想美術館 (SB新書)

  • SBクリエイティブ
3.90
  • (6)
  • (7)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 559
感想 : 12
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784815611606

作品紹介・あらすじ

あらゆる時代の名画が一堂に会する奇跡の迷宮へようこそ
原田マハ『リボルバー』の創作秘話、ヤマザキマリ『テルマエロマエ』誕生の知られざるエピソードも披露!
マハ&マリの好きな美術館、おすすめ美術館、好きな作家、好きな作品など2人のアートの世界にどっぷり浸れる1冊。
アートを溺愛する作家と漫画家の2人が創る究極の美術館とは? 原体験から現在に至るまでのアートヒストリー、偏愛アーティストたちから受けたインスピレーション、小説や漫画の創作のバックステージをまじえ、名画にまつわる裏話、お気に入りの美術館案内、絵画鑑賞の秘訣、画家たちの知られざるエピソードなど尽きぬアート談義。泉のように湧き上がる2人のファンタジーが炸裂する名画のラビリンスに迷い込んでみませんか?

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 小説家のマハさんと漫画家のマリさん。
    マリさんは画家になりたいと言った時、お母様にフランダースの犬のネロの話をされ諭されたそうですが「テルマエロマエ」が大ヒットされます。
    マハさんも30歳の時に早稲田大学に入り直し美術史を専攻されたのち、小説家としてデビューされます。
    言わずと知れたお二人の経歴です。

    お二人の会話で印象的だったところ
    ○「モダンアート以前のものを古くさい絵」という意識の間違いに気づく
    ○一人旅でもけっして寂しくはなかった。
    世界中に友だちの家=美術館がある。
    ○美術全集の世界は楳図かずおさんの漫画に近いものがある。
    ○日本は世界的に見ても美術館大国、ある年の展覧会動員数は1位日本。
    ○大人になるまでに美術館で幸せな空気を覚えてもらったらきっと戦争がない世の中になる。

    本書で紹介されていた美術館では、お薦めされていた箱根のポーラ美術館に行ってみたいと思いました。

    ブラジルのサンパウロ美術館はサンパウロ在住の友人が時々行くらしく、羨ましいと思いました。

    ルーブル美術館も、パリに住んでいる隣の家の奥さんが「遊びに」と以前から言ってくださっていましたが、このコロナ禍です。あと先立つものもないといけませんね。とても残念です。

    マハ的好きな作品ベスト10は、マハさんのアート小説は全部拝読しているのでなじみ深いものでしたが、マリ的好きな作品ベスト10はほとんど知らない作品なのでもっと絵の写真を載せて欲しかったです。

    私の住んでいる街にも県立美術館があるので、何か催しがあれば行ってみようと思いました。

  • 大好きな原田マハさんと大好きなヤマザキマリさんが美術館について喋りまくる対談本が出るってことで即購入。
    美術について詳しいお2人だからこその楽しい妄想は、話題となってる画家や作品について検索しながら読むと面白さ倍増です。
    美術館に行きたくなります。

  • 知の扉が開く
    ウッチェロ

    二人ともさすが知識量がすごくて楽しそう。
    地球が小さいし。
    知らなかったことでも楽しそうに話されると、興味が湧く。
    しかし、基礎知識が少なすぎて半分も理解できなかったから、また賢くなったら再読したい。

    自由に想像、妄想すること、って頭の体操的にも良いことだなった思う。

  • 原田マハさんとヤマザキマリさんの対談形式の本。テンポ良く読めました。
    2人の美術館での体験談や、お気に入りのアート、どのようにして自身の作品に現実のアートや美術史を落とし込んでいるか?妄想で自分が美術館を作るならどんな美術館にするか?といった話題。
    出てくる画家の名前や作品名を検索しながら読みました。
    友人の家に行くような気持ちで美術館を訪ねるという気軽さにカルチャーショック。わたし自身はどうしても何かを学ばなければ!と前のめりで美術館を訪れがちなので、もう少し気楽にアートに触れられたらと思いました。
    たくさんの知らないアーティストの名前が出てくるのですが、検索した結果メッシーナが気になったので深掘りしたいです。

  • 対話に出てくる作品を検索しながら読んでいます。(見ないとわからないので)

  • 史実をもとに、妄想を膨らませて作品を作るという共通の方法でお仕事されている2人の美術対談!
    久しぶりに美術館へ足を運びたくなった。

    ヤマザキマリさんの漫画、読んでみたいと思った!

  • 美術に造詣の深い2人の作家が美術館を作ったら……という“妄想”対談だと思ったが、どうも様子が違う。なんか企画倒れというか、そもそもの出発点が間違っていたような気がしなくもない。それぞれの作品に対しての自己解説や、裏話的なことにも触れられていて面白くはあったけれど。
    この手の本に対する最大の不満=語られている作品の写真が掲載されていない(もしくは小さすぎる)は他と同様で、手元にネット環境を置き、随時検索しながら読むのが面倒だった。

  • 美術に精通した人はこんな楽しみ方をしているんだなーと、いろいろ発見がありました。
    スマホ片手に出てきた画家や作品を調べながらよみすすめ、興味が広がります。名画集がほしくなりました。

    今まであまり知らなかったけど、とても気になった画家覚書。⬇︎
    モランディ
    アンリルソー
    アンリマティス

  • 好きな二人の対談なので、楽しかった。それぞれの興味関心や個性が出ていて、それもまた一興だった。

  • 原田マハさんの本ということで読んでみたが、自由に対談された内容でそれほど面白いたころはなかった。

全12件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

原田マハ小説家。1962年東京生まれ。関西学院大学文学部日本文学科および早稲田大学第二文学部美術史科卒業。馬里邑美術館、伊藤忠商事を経て、森ビル森美術館設立準備室在籍時、ニューヨーク近代美術館に派遣され同館にて勤務。2005年『カフーを待ちわびて』で日本ラブストーリー大賞を受賞しデビュー。2012年『楽園のカンヴァス』で山本周五郎賞、R-40本屋さん大賞などを受賞、ベストセラーに。2016年『暗幕のゲルニカ』がR-40本屋さん大賞、2017年『リーチ先生』が新田次郎文学賞を受賞。その他の作品に『本日は、お日柄もよく』『ジヴェルニーの食卓』『デトロイト美術館の奇跡』『たゆたえども沈まず』『常設展示室』『風神雷神』など多数。ヤマザキマリ東京造形大学客員教授。1967年東京生まれ。84年にイタリアに渡り、フィレンツェの国立アカデミア美術学院で美術史・油絵を専攻。2010年『テルマエ・ロマエ』でマンガ大賞 受賞、手塚治虫文化賞短編賞受賞。2015年度芸術選奨文部科学大臣賞受賞。

「2022年 『妄想美術館』 で使われていた紹介文から引用しています。」

原田マハの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする
×