犯罪心理学者が教える子どもを呪う言葉・救う言葉 (SB新書)

著者 :
  • SBクリエイティブ
4.33
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 171
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784815616533

作品紹介・あらすじ

「親のよかれ」は「子どもの呪い」になっているかも!
10,000人の犯罪者を心理分析してきた犯罪心理学の第一人者だからこそわかった
子どもの未来を照らす声かけ、子育ての教科書。

うちだけは絶対大丈夫、という家庭でこそ読んでほしい。
親のよかれが危険な声かけになっていないか検証し
学力・人間力ともに優れ自律した子どもを育てる方法とは?

たとえば……
「早くしなさい」ってつい言っていませんか?
子どもの時間感覚が育たず、進路や将来設計を考えるのが苦手な子に育ってしまいます。
「気をつけて!」ってすぐ注意していませんか?
危険や痛みを自分で知ってこそ、人の気持ちがわかる子に育ちます。

親のちょっとした意識改革で子育ては大きく変わります。
つい怒ってしまったらどうすればいい?子育て方針を途中で変更してもいいの?
手紙や模造紙でできる自律した子の育て方って?いろんな子育てを聞くけど結局どうすればいいの?

子育てに悩むすべての親を救う、人気教授の決定版・子育て論。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 犯罪心理学の目的
    ×:犯罪の起きた原因を究明
    ⚪︎:更生への指針を示すこと
    この点は私も勘違いしていました。

    客観的な事実よりも主観的な事実。
    つまり、子どもがどういう風に受け取ったかが大事。
    親の伝え方一つで人生が変わる。

  • 更正プログラムの一環で内観療法が用いられていることを学べた。
    困った時に法務少年支援センターを活用することが出来ると知れて選択肢が広がった。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

犯罪心理学者。1985年に東京学芸大学大学院教育学研究科発達心理学講座を修了し同年国家公務員上級心理職として法務省に入省。以後全国の少年鑑別所、刑務所、拘置所で犯罪者を心理学的に分析する資質鑑別に従事。心理分析した犯罪者は1万人を超える。その他、法務省矯正局、(財)矯正協会附属中央研究所出向、法務省法務大臣官房秘書課国際室勤務等を経て、2007年法務省法務総合研究所研究部室長研究官を最後に退官し、東京未来大学こども心理学部教授に着任。2013年からは同学部長を務める。内閣府、法務省、警視庁、各都道府県庁、各都道府県警察本部等の主催する講演会における実績多数。「攻める防犯」という独自の防犯理論を展開。現在、フジテレビ「全力!脱力タイムズ」にレギュラー出演しているほか、各局報道・情報番組において犯罪解説等を行っている。

「2022年 『犯罪心理学者が教える子どもを呪う言葉・救う言葉』 で使われていた紹介文から引用しています。」

出口保行の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宇佐見りん
浅倉 秋成
凪良 ゆう
朝井 リョウ
アンデシュ・ハン...
辻村 深月
辻村 深月
瀬尾まいこ
凪良 ゆう
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×