カント 第三の思考―法廷モデルと無限判断

著者 :
  • 名古屋大学出版会
4.25
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 9
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (314ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784815802998

作品紹介・あらすじ

理性批判の深層に働く思考のダイナミズム。理性がまさしく理性的であることによって抱え込んでしまう矛盾や限界はいかにして乗り越えられるのか。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • カントがそれ以前の論理学では軽視されてきた「無限判断」という類型を、超越論的論理学において導入した点に着目し、無限判断がカントの思考で果たす重要な役割を解明した研究書。その際に、無限判断の具体的モデルとして「法廷モデル」、つまり相対立する立場を無限判断によって第三の立場を導入することにより争いの解決を図るという、アンチノミー論に典型的に見られるカントの思考様式が説明されることになる。18世紀の哲学史などの内容も踏まえカントの思考様式の起源や、ランベルトなどとの関連が明らかにされている点でも、資するところの多い研究書である。

  • カントの議論が、対立する主張の権利根拠を吟味する「法廷モデル」に基づいて構成されていたことを明らかにする試み。当時の論理学書や、ヴォルフ学派、ランベルトやメンデルスゾーンといった同時代の哲学者たちの議論とカントの関係についても比較的くわしく説明されており、たいへん勉強になった。

    カントは判断の質を三つに分けているが、肯定判断「AはBである」、否定判断「AはBでない」とはべつに、無限判断「Aは非Bである」を立てる必要性はどこにあるのだろうか。著者は、当時の論理学の教科書を渉猟して、無限判断が個体についての「汎通的規定」を含意していたことを明らかにする。個体についての汎通的規定とは、「Aは非Bである」という判断によって、Aが単なる無ではなく、Bではない「何ものかである」ことを意味する。論理的なレヴェルでは、コプラを否定する否定判断と述語を否定する無限判断との間に差異を見いだすことはできないが、一段高いレヴェルである実在のレヴェルにおいては、無限判断はAが「何ものか」であることを表わしているのである。

    著者は、カントが「汎通的規定」の意味を変更しつつ、無限判断を導入していたと論じる。形式論理的なレヴェルでは排中律に基づいて矛盾対当を構成しているかに見えるテーゼとアンチテーゼの対立が、一段高いレヴェルである超越論的なレヴェルに立つことで、じっさいには仮象の対立であることを見抜くことができるとカントは考えていた。アンチノミーの解決はこのようにしてもたらされる。こうした批判哲学の議論は、たがいに対立する主張の権利根拠を吟味する「法廷モデル」に則って構成されている。著者は、カントの用いる「演繹」(Deduktion)という語が、一般に理解されているような、普遍的原理から諸命題を導出することとは異なり、当時の法学の用語に則って使用されていることを説得的に示している。

    ベルリン・アカデミーの懸賞論文でメンデルスゾーンは、形而上学は三段論法的・数学的方法に基づいて解明されうるというヴォルフ学派を継承する立場を採った。これに対してカントは、形而上学は数学的方法とはべつの方法によって解明されなければならないと主張していた。やがてこの方法が「法廷モデル」として明確にされることで、カントの批判哲学の体系は生まれたのである。

全2件中 1 - 2件を表示

石川文康の作品

カント 第三の思考―法廷モデルと無限判断を本棚に登録しているひと

ツイートする
×