ヒロシマ―グローバルな記憶文化の形成―

  • 名古屋大学出版会
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (424ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784815809942

作品紹介・あらすじ

原爆とホロコーストの交点へ——。かつて「75年間は草木も生えない」と言われた都市は復興を遂げ、平和記念公園は「穏やかな」聖地と化した。どのようにして? 追悼・記念や観光をめぐる記憶の政治、証言とトラウマ、絡み合う犠牲者言説などに注目し、世界のなかのヒロシマの位置を問い直す挑戦作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • もう直ぐ、忘れてはならない日が今年も巡ってくる。
    思ってもいないコトをドヤ顔で喋るのはゴメンですよ、アベ君。。。

    ヒロシマ « 名古屋大学出版会
    https://www.unp.or.jp/ISBN/ISBN978-4-8158-0994-2.html

    • りまのさん
      あら猫さん。ここは ばーか、ばーか!って、つっこみ入る、ところです。(笑)
      あら猫さん。ここは ばーか、ばーか!って、つっこみ入る、ところです。(笑)
      2020/07/31
    • りまのさん
      猫さん、ツッコミ、下手ですね
      猫さん、ツッコミ、下手ですね
      2020/07/31
    • 猫丸(nyancomaru)さん
      にゃ〜
      にゃ〜
      2020/07/31
  • 東2法経図・6F開架:217.6A/Z9h//K

  • ふむ

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

1976年、イスラエル生まれ。ニューヨーク市立大学にて博士号(歴史学)取得。現在、ペンシルヴェニア州立大学准教授。本書『ヒロシマ』により、米国アジア研究協会のジョン・ホイットニー・ホール著作賞を受賞。

「2020年 『ヒロシマ グローバルな記憶文化の形成』 で使われていた紹介文から引用しています。」

若尾祐司の作品

ツイートする
×