パソコン用語語源で納得!―パソコンと英語に強くなる本

著者 :
  • ナツメ社
3.25
  • (1)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 35
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784816328732

作品紹介・あらすじ

パソコン用語にはアメリカ文化の壁がある!アメリカ生まれで育ちのパソコン。その文化の「壁」を乗り越えるには「語源」を知るのが一番。そこで語源にスポットをあて、微妙な意味、本質、エピソード、裏話を満載。知識が深くなり、話題が豊富になってパソコンが驚くほど身近なものになる。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 4-8163-2873-4 220p 2001・1・30 6刷

  • eng 英語

  • pro gram は,「前もって書いたもの」という語源があるのはうれしい。
    英語が母語の人たちが,どういうつもりで表現しているかが分かる。

    残念なのは,すべての言葉の語源が書いていないことです。
    もうすこし,語源に拘ってほしかった。

    コンピュータ関係は,意味不明のカタカナ語を話す人が多く,
    本人が話していることの意味がわからずにいることをしばしば目撃します。

  • 現代社会に氾濫するパソコン用語を語源から解説する本。はっと気づかせられるものも多く為になった。例えば、メールの返信で"re"というのは、"reply"の意味ではなく、"regarding"の意味であったことなどである。

  • パソコン用語にあるアメリカ文化の壁。それを乗り越えるべく「語源」にスポットをあて、微妙な意味、本質、エピソード、裏話を満載。用語の由来やルーツを説き明かし、パソコンが驚くほど身近なものになる。〈ソフトカバー

全6件中 1 - 6件を表示

藤田英時の作品

ツイートする
×