図解雑学 新選組 (図解雑学シリーズ)

著者 :
  • ナツメ社
3.22
  • (1)
  • (4)
  • (11)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 48
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (231ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784816330780

作品紹介・あらすじ

本書では、近藤勇、土方歳三をはじめとする隊士の人物像と相関関係、明治維新を一年遅らせたとも言われる池田屋事変や、最後の戦いとなった函館戦争の顛末から、新選組隊規とされる「局中法度」の実態、ダンダラ染めの羽織の真意に至るまで、史料と図版を多く使用し、わかりやすく解説した。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • graph

  • 新撰組の発足から消滅までをわかりやすい文章と図でまとめた本。

  • 私はこの本を中学2年生のころに読みました。
    中学2年生の知識でも理解できる内容でした。
    大学生になったいま、読み返してみると、驚くほどわかりやすいです。

    図が沢山使われているので、活字が苦手な方でも読み易いのでは。

    中学2年生の日本史知識でも読破できるこの本、新選組入門者にはおススメです!!
    史実の新選組は非常に面白いですよ。現実は小説より奇なり。

    ただし、新選組について深く詳しく知りたい方には、ちょっと物足りないかもしれませんね。

  • 目黒図書館

  • 「新撰組」の発足から解散(消滅)まで
    わかりやすい文章と図画でまとめた解析書。

    簡単かつ分かりやすく組について学ぶことができました。

    ただ…絵ばかりでなく 写真も欲しかった!!

  • これもあまりイラストが好きではない。(笑)
    図解なので理解しやすいですがやはり大まかなことが乗っているだけなので初心者向けだと思います。

  • 展示期間終了後の配架場所は、開架図書(3階) 請求記号 210.58//Ki24

全8件中 1 - 8件を表示

著者プロフィール

歴史作家

「2013年 『新選組 謎とき88話』 で使われていた紹介文から引用しています。」

菊地明の作品

ツイートする