史上最強図解 よくわかるフロイトの精神分析

  • ナツメ社
3.40
  • (0)
  • (6)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 65
感想 : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784816354403

作品紹介・あらすじ

20世紀の巨人といわれるフロイトの思想を、精神分析が誕生した時代背景とともにわかりやすく解説。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「一冊にキレイにまとめてくれ!」という心の叫びが通じたかのような一冊。アンナ・フロイトの防衛機制もきちんと載っている時点でレジに直行しました。
    他のフロイト本はもういらないかも、と思えるほど充実の内容。「史上最強」のタイトルに偽りなし。現代思想とフロイトのページもたっぷりでフロイトについてはこれ参照することで事足りる。
    あと絵もカワイイ系で面白い。

  • フロイトのことはもちろん、シャルコー、ユングやフロムなどフロイトに関わる人物についてもしっかりと言及されているところが良い。大学一年の頃に読み、そこからフロムの著書を読むようになるなど自分にとっていい影響を与えてくれた本

  • フロイトの周辺事情と現代精神分析について。

  • ▼福岡県立大学附属図書館の所蔵はこちらです
    https://library.fukuoka-pu.ac.jp/mylimedio/search/book.do?target=local&bibid=150510

  • フロイトの精神分析についていきなり難しい本を読んでも理解に苦しむと思い、入門の入門のイメージで手に取った。防衛機制、エリクソンの発達心理学についてもっと詳しく学びたい。性欲動が固着するきっかけとなるものを具体的に知りたい、と思った。

  • 事例モデル : ジクムント・フロイト
    146.13-クノ 300300613

全8件中 1 - 8件を表示

久能徹の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×