知識ワーカの変革―迫られる知的生産性の向上

  • 日科技連出版社
1.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 2
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (244ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784817162182

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 「英・米では Knouledge Worker Productivity という呼び名がかなり一般的であるが、ここでは論題の主旨から知識集約型スタッフ Knouledge Intensive Staff Members (KIS) として、一面ではより広く、他方ではより狭く限定されたカテゴリを対象とする。」(p.202)


    表10-1 KIS、準KISの分類基準
    -------------------------------------------------------
    卒業学校の水準 準KIS KIS
    -------------------------------------------------------
    大学院修士  2-5年 6年以上
    大学学部   4-7   8
    専門学校・高校 9-12  13
    義務教育  13-17  17
    -------------------------------------------------------
      備考) 年数は雇用されて以降の経過年数
    」(p.202)
    「これらの要員を雑務から解放して、本来的な創造的活動に専念させ、かれらの力を結集した集団的生産力をいかに形成・昂揚するかが、これから未来にかけての産業生産力のキー・ポイントになっている。」(p.210)
    「KIS生産性を、創造力をスコアにして向上させることが、未来型の生産性思考である。」(p.228)

全1件中 1 - 1件を表示

島田達巳の作品

知識ワーカの変革―迫られる知的生産性の向上を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
ツイートする
×