呆韓論 (産経セレクト)

著者 :
  • 産経新聞出版
3.27
  • (16)
  • (33)
  • (53)
  • (17)
  • (7)
本棚登録 : 377
レビュー : 47
  • Amazon.co.jp ・本 (256ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784819112352

作品紹介・あらすじ

"普通の国"だと思ったら大間違い!これでもまだあの国につき合いますか?すべての問題の根源と責任はかの国の病にある!ベストセラー『悪韓論』の著者最新作。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 韓国を罵るというだけの本
    内容が正しいか否かはわからない。
    駄本

  • 本当に胸糞悪い国だということが良くわかった。
    隣国だろうが付き合うかは良く考えるべきだ。

  • 主旨は解るが、詰まらないですね。まあ、困った国だわさ

  • 日本は島国だから、海を隔てている分、他国との諍いが少ないように感じる。
    とはいえ、ロシアや韓国、中国との縄張り争いはあるし、
    この本でも書いている通り韓国との問題も多い。
    陸続きの国なら、なおさら争いごとは絶えないんだろう。
    他の国の良いところを見つけては嫉妬し、罵倒する。
    縄張り意識なども人間がそもそも持っている本能的なものかとも思う。
    韓国は子供の頃からの教育のおかげか、日本人からすれば、どうしてこういうことをするのか理解に及ばないことも、韓国人からすれば当たり前のことになってしまう。

    日本ウィナー、韓国ルーザーのような図式が韓国側にあるため、冷静な話し合いができそうもない。
    とはいえ正直言って、韓国側の気持ちもわからなくはない。

    戦争がなくならないのは、それは簡単なことではなく、人間の本能でもあるからだと思う。
    身近な話で言うと学校や会社で一瞬でも殺意を抱くことってあるし、到底仲良くなれない人もいる。もちろんイコール戦争ではないけれど近いものはある。
    簡単に世界平和なんて言う人の方がよっぽどどうかしてるんじゃないかって思う。

  • 韓国に対しての悪口の本。もう少し、韓国の良い面も一緒に書いた方が真実味を増すと思うのだが。内容が本当としてもこのように悪口のように書いてしまうと心に響いてこない。
    どうしたら、隣人の国と仲良く交流していけるのだろうか?

  • 韓国バッシングでビジネスする風潮には品がない。しかし、このような本を読まないと、三国志の倭人伝や韓伝において、両国をどう線引きしているかや、任那の存在を再認識する機会は少ない。

    個人のモラル意識が低く、更に、全体が恥を捨て個人利害を求めて競う時、人間は極めて原始的で、その原始的な姿は醜悪である。国家が成立するには、その醜悪さの長い歴史の中で、近隣との間にルールを築き秩序を形成する必要がある。こういうのは、人間の優劣ではなく、文化の置かれた環境、歴史に依拠するのだが、現代社会では、どの段階の国家も、いち国際プレイヤーになってしまった。従い、そうした未熟な段階の国とも、付き合わなければならない。経済で比較したって、自分たちと同じレベルを他国に求める事が土台無理な事が分かるだろう。幼少期の環境や教育が、その人の人生を決めるのだ。ケンチャナヨとテキトーな歴史で育ってしまえば、もはや、悪性の再生産なのだろう。あるいは、そういう理解を持って付き合わなければならないという事だ。

  • レビュー省略

  • 嫌韓を通り越して、呆韓。ここに書かれていることが全部本当だったら、呆れてしまうけど、本当のところはどうなんだろう・・・。

  • 読了。

  • ソウル駐在員を経験している方だけに、リアリティがあり、安心して読める。

全47件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1949年、東京都生まれ。評論家。慶応義塾大学法学部を卒業後、時事通信社入社。政治部記者、ソウル特派員、宇都宮支局長、「時事解説」編集長などを歴任。2009年に定年退社し、評論活動に入る。著書に『呆韓論』『ディス・イズ・コリア』(産経新聞出版)、『悪韓論』『日韓がタブーにする半島の歴史』(新潮新書)、『韓国人がタブーにする韓国経済の真実』(共著、PHP研究所)、『崩韓論』『なぜ日本人は韓国に嫌悪感を覚えるのか』(飛鳥新社)など多数。

「2018年 『米朝急転で始まる 中国・韓国の悪夢』 で使われていた紹介文から引用しています。」

呆韓論 (産経セレクト)のその他の作品

呆韓論 Kindle版 呆韓論 室谷克実

室谷克実の作品

呆韓論 (産経セレクト)を本棚に登録しているひと

ツイートする