日本が戦ってくれて感謝しています2 あの戦争で日本人が尊敬された理由

著者 :
  • 産経新聞出版
3.90
  • (3)
  • (5)
  • (1)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 54
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (280ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784819112710

作品紹介・あらすじ

真の友は本当の歴史を知っている!歴史認識の鍵、第一次大戦「マルタ」における感動の日英同盟を序章に、読者から要望が押し寄せたインドネシア-あの戦争の大義そのものを3章にわたって収録!歴史認識を辿る旅、待望の第2弾!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 日本人必読の書第2弾。なぜ日本は感謝されているにもかかわらず、反省と謝罪を繰り返しているのか。

  • 第2段、舞台はインドネシア、サイパン、シンガポール。

    インドネシアをオランダから解放した日本軍。インドネシアでは、今でも日本軍に感謝する声が。この本には書かれないが、日本はインドネシアに戦後補償をしている。書かれていることが事実なら何故?と思い、調べると、賠償の意味合いではなく、戦後支援として…とある。それでも、やはり腑に落ちないものが残る。また、著者はインドネシアからの感謝に、中韓を比べるが、当然、これら国々は当時の状況が異なる点は忘れてはならない。大東亜共栄圏の思想に感謝する国がまとも、それ以外は異常と排する考え方は危険である。

    また、サイパン島でのバンザイ突撃に対し、硫黄島の栗林忠道により命じられた、1日でも命を長らえ、本土決戦への引き延しを取る戦略のいずれが適切か、など、読みながら考えてしまった。近代戦では、もはやこのような悲劇は起こりにくいのだが、イデオロギーが戦士の行動を決めるのだ。そこには、目指した最適行動とは異なる悲劇も孕むのだろう。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

ジャーナリスト

「2018年 『本当は戦争で感謝された日本』 で使われていた紹介文から引用しています。」

井上和彦の作品

ツイートする
×