プレゼンなんて怖くない!―アメリカ人が教えるプレゼンテーションの秘訣53

  • 生産性出版
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 30
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784820117872

作品紹介・あらすじ

一生懸命、プレゼンの勉強をしているあなたが知らなくて、アメリカ人なら誰もが知っていることをお教えします。トヨタ自動車、本田技研工業、ソニー、デンソー、富士通などの研修で著者が伝えているプレゼンのポイント。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 簡単に読めます。
    プレゼンが怖くなくなるかどうかはわかりませんが、さっと読むのには良い分量の本です。
    プレゼンが上手になるかどうかは、分かりませんが。

  • ◆プレゼンテーションやアピールが上手い人に良い仕事が任される。

    ◆プレゼンの中心になるのはあくまで話しの内容と話し手であり、ビジュアルは補佐役である。

    ◆プレゼンは目的をはっきりすることが大切である。
    その目的の多くは・Awareness(認識させる)
    ・Attitude(姿勢の変化を奨励、強化させる)
    ・Action(行動させる)
    という「3つのA」に分類することができる。


    その他、姿勢やアイコンタクトの方法、さらにはパラ言語や緊張の克服テクニックまで紹介されている。



    後半部ではプレゼンの練習と準備の大切さを説いていますが、結局一番大事なのは実戦での経験なのかなと感じました…。

全2件中 1 - 2件を表示

ロッシェルカップの作品

ツイートする
×