• Amazon.co.jp ・本 (200ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784820120124

作品紹介・あらすじ

「本当に今のままでいいですか?」なぜ、あの人は社会人大学院へ行ったのか?!サラリーマン、OL、主婦、アイドルだった13名が、指導教授のもとで学習共同体を作り、どう人生を切り拓いていったか?-。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 大学院教授と13名の院生の共著というめずらしい形の書籍。
    社会人大学院を考えている人には、13名のうち誰かと共感できて、自分と似た目線の生の声がきけるのでお勧めの1冊である。

    13名の院生というのが年齢も違えば、芸能人、経営者、サラリーマンなど多様なキャリアの持ち主である。

    多様で大人数での執筆ということから文章力や文体がまちまちなのは否めないが、
    それも「それまでどんなキャリアであっても、思い立ったときに動き出せばそこからキャリアが変わっていく」ということをストレートに伝える効果を生んでいる。

    諏訪教授が社会人大学院を「知の道場」と呼ぶように、どの院生のページをみても、学ぶことの喜びが生き生きとあらわれているのが印象的であった。

  • 菊池桃子のキャリアチェンジについて読みたくて購入。
    未読。(2021.9.7)
    ※2020.6.28注文@amazon

全1件中 1 - 1件を表示

諏訪康雄の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
佐藤 優
リンダ グラット...
チャールズ・デュ...
トマ・ピケティ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×