図書館多読への招待 (JLA図書館実践シリーズ 25)

  • 日本図書館協会
3.07
  • (0)
  • (4)
  • (8)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 53
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・本 (186ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784820414049

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 図書館の新しい使い方。こういう利用の仕方も素晴らしいな。

  • なるほどなー。
    自分でも多読を実践して、仕事にも生かしたい。
    字幕なしで洋画観たいー。

  • 図書館の本は無料でたくさん読めるから多読には最適。
    英語の本を多読しても頭に入るのか。
    ちょっとやってみようかな。

  • 英語力が無くてもできる。
    1辞書は引かない
    2わからないところは飛ばす
    3自分にあわないと思ったらやめて次の本にうつる
    →これが、実は難しい。つい、辞書を引きたくなるのだ。1が出来たら、おのずと2と3は出来る。まあ、3はもっと読めるようになってからやろうけど。

    小さな子どもは、たくさんの読み聞かせの方が良さそう。

    職業柄、絵本への敷居は低かった。というか、無い。

    書き言葉と話し言葉は違う。
    言葉は生きている。

    ●図書館として
    ・利用者の多読を支えられるか。
    ・適切な助言が出来るか。
    ・適切な本を紹介出来るか。
    ・英語だけでなく、他言語や日本語の多読についても勉強する。
    →洋書を揃えるのも、そこそこ大変。アジア系の本も現地出版のものが、必要だと思うけど、どう揃える・あるいは提供出来るのか。…と予算。
    ・英語の授業は多読の敵ではない。反対もしかり。
    →紹介の工夫。単独ですすめない。

    著者のお一人の講演を聞きました。多読に興味を持ち、いろんな立場で取り組もうと思ったきっかけです。学校卒業以来、二度と英語にはかかわるまい、かかわれない;と思ってたんですが。
    新しく挑戦できて、ホントによかった!ありがとうございます。

  • 「学校の英語は試験のためにある」
    本当にこれ。さらに言うなら、学校英語のいう「英語力」は、組織への忠誠心や、無意味なルールや作業を辛抱強くこなす忍耐力があるかを測るためでしかないように思える。
    日本の思考停止癖は何故なんだろう?

  • 【配架場所】 図・3F開架 
    【請求記号】 837||SA
    【OPACへのリンク】
     https://opac.lib.tut.ac.jp/opac/book/170037

全7件中 1 - 7件を表示
ツイートする
×