月に吠える (愛蔵版詩集シリーズ)

著者 :
  • 日本図書センター
3.80
  • (20)
  • (12)
  • (33)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 139
レビュー : 17
  • Amazon.co.jp ・本 (286ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784820519966

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 北原白秋の序文がいい。
    室生犀星が朔太郎のこと、兄と呼んでいる。親しさがわかる。

    当時の発禁処分(…を受けた詩があった。この詩集では収録)の基準はどこら辺にあるのかな。

    学生のころ、教科書に載っていた「竹」の詩がひどく好きで何度も繰り返し読んだ。
    当時は力強い生命のみを感じていたのだけど、「竹とその哀傷」という連作の中で読むと、またイメージが変わってくる。
    生と薄皮1枚で死がひそんでいることを感じる。

  • 言葉の力が圧倒的。引力がある。

  •  ただただ、さみしい。こんなにも周囲に恵まれている人が、どうして孤独を嘆くのだろう。
    『雲雀の巣』は、人間に対する嫌悪感が特に強く出ている。

  • p14-16 序文
     私の詩の読者に望むところは、市の表面に現れた概念や「ことがら」drはなくして、内部の確信樽感情そのものに感触してもたいひたいことである。私の心の「かなしみ」「よろこに」「さびしみ」「おそれ」その他言葉や文章ではn言い表しがたい複雑した特殊のかんじょうw、私は自分の詩のリズムによって表現する。併しリズムは説明で経ない。リズムは以心伝心である。そのリズムを無言で感知することのできる人との実、私は手をとって語りあふことができる。
    『どういうわけでうれしい?」といふ質問に対して人は用意にその知友を説明することができる。けれども『どういう工合にうれしい』といふ問いに対しては何人もたやすくその心理を説明することはできない。
     思うに人間の感情というものは、きわめて単純であって、同時にきわめて複雑にしたものである。極めて普遍的なものであって、同時にきわめて個性的な特異なものだる。
     どんな場合にも、人が自己の感情を関税井に表現しや鵜と思ったら、それは容易のわざではない。この場合には言葉はなんのやくにも立たない。そこには音楽と詩があるばかりである。

    中学生のころ演劇部で「竹」の朗読をやったことを思いだした。

    成増図書館 911.5

  • 暗い詩だわね〜

  • 萩原朔太郎。
    なんとなくしか知らない存在だったけれど、生きることの辛さを綴る詩人。

    「さみしい人格」

    好きだなぁ。
    孤独と向き合う人は、いいなぁと思う。

    それから

    「愛憐」

    のなまめかしさ。
    いんびなようす。
    グロテスクに行くことなく、
    美しいまま性を描写する。
    このぐらいが好きだ。

    美しいと思う。

    全体的な、詩集の寂寥感。
    哀しみに暮れる感じ。
    たまらなく好きだ。好きなおもむき。

    やっぱり文学は良い。
    文学者とは、結局は孤独を追い求めるヒトビトなのではないか。

    だから、わたしは文学が好きなのでは。

    わたしが読んだのは、昭和に出た名著復刻版シリーズ。装丁も良い。書体の古めかしさもいい。生成りの紙も。

    本が好きだと、実感する。

  • 難しかった。私ごときの感性では立ち向かうに難かった。好きな詩もあったから、時間をおいてまた読むともう少し違う感想も持てるかな。

  • きみのこどくはうつくしいなあ。きみのかげはあおいなあ。

  • 高校の頃 復刻版を手にいれました。

  • あなたが好きそうな詩だと言われて読んだけれどこれは大学時代の自分には確かに似ているが、いまの自分とはだいぶ違うなと読み返して思う。

全17件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

萩原朔太郎(はぎわらさくたろう)1886年~1942年。日本近代最大の詩人。生前に発表された詩集は『月に吠える』『蝶を夢む』『青猫』『純情小曲集』『萩原朔太郎詩集』『氷島』『定本青猫』『宿命』。他に詩論『詩の原理』、アフォリズム集など多数。

「2013年 『宿命』 で使われていた紹介文から引用しています。」

萩原朔太郎の作品

月に吠える (愛蔵版詩集シリーズ)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×