死刑宣告 (愛蔵版詩集シリーズ)

著者 :
  • 日本図書センター
3.92
  • (9)
  • (5)
  • (11)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 97
感想 : 10
本ページはアフィリエイトプログラムによる収益を得ています
  • Amazon.co.jp ・本 (203ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784820595991

作品紹介・あらすじ

萩原恭次郎の第一詩集『死刑宣告』の初版本を底本に、文字組み、図版、レイアウトなどをできるだけ底本に忠実に再現した。文字は、仮名遣いを底本通りとし、漢字は新字体に改めた。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  •  どの詩もタイトルが秀逸。後半にかけて、プロレタリア的表現が見え始める。
    本自体を、ぐるんぐるんと回しながら読みます。じゃないと読めません。

  • な…なんぞ、これ。読めない……

  •  たびたび本を縦にしたり回したりしないと読めません。著者近影からして反骨精神剥き出し、斬新性と破壊衝動に満ちています。研ぎ澄まされた刃物そのものであるかのような緊張感。

  • 叫ぶ詩!

  •  かつてノイズに旋律を見出し、暴力とスピードを芸術としたミラノの未来派芸術を想起させる、アヴァンギャルドな詩集。鉄の響き、駆動音、スモッグの揺らめきなどノイジーな喧騒が聞こえてくるような詩、そして凝りに凝ったレイアウト!詩のプログレッシブロックか、インダストリアル・ミュージックか。

  • 友人が教えてくれて出会った詩集。この匂い立つデカダンス!けれど、それとは違った方向に赴かねばならないのではなかろうか。その詩性を絶賛した朔太郎との結び目は何処にやありけん。

  • 芸術センス爆発、笑える、泣ける。
    言葉は、爆撃弾!!

  • 半端じゃないアナーキー。カッコ良すぎ。なぜか1ページずつ袋とじになっていてその中にも詩が…切るのは勿体ないけど切らないで読まないのはもっと勿体ない。

  • かなり破壊力あります。
    アナキズムの一端を感じた気がする。
    あえて、ハイセンスで格好いいと言っておきます。
    (今度書き直し)

全10件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1899年、現在の前橋市日輪寺町に生まれ、1938年、同石倉町に没する。詩人、アナキスト。
1923年、壺井繁治、岡本潤、川崎長太郎と雑誌『赤と黒』を創刊、文壇に衝撃を与える。アナキズム文学運動の中心的存在として活躍し、『文藝解放』『黒旗は進む』『学校』などに寄稿。1932年、個人誌『クロポトキンを中心とした芸術の研究』創刊。以後、次第に農本主義に傾いた。
生前の詩集に、『死刑宣告』(長隆舎書店、1925)、『断片』(本書所収。溪文社、1931)、翻訳に『アメリカプロレタリヤ詩集』(共訳、弾道社、1931)がある。
没後、『萩原恭次郎詩集』(報国社、1940)、『萩原恭次郎全詩集』(思潮社、1968)、『萩原恭次郎全集』(全三巻、静地社、1980-82)などが刊行された。

「2020年 『断片 1926-1932』 で使われていた紹介文から引用しています。」

萩原恭次郎の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
安部公房
ドストエフスキー
綿矢 りさ
三島由紀夫
遠藤 周作
ウラジーミル ナ...
ボードレール
フランツ・カフカ
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×