マンガでやさしくわかる5S

著者 :
制作 : 星井 博文  松枝 尚嗣 
  • 日本能率協会マネジメントセンター
3.50
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (240ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784820719755

作品紹介・あらすじ

日本の生産現場で生まれた5S は「すべての基本」として、あらゆる現場で導入されています。整理、整頓…と、順を追ってやるべきことが決まっているので、比較的現場の理解が得られやすく、成果が目で見てわかる点が受け入れられる理由なのでしょう。
また、活動を続けていくうちに、自然と人材が育っていくという無形の効果も見逃せません。こうした5S ですが、進めていく上でいくつかのハードルがあります。それはたとえば、導入当初の現場からの抵抗、定着化の難しさなどだと言われています。
本書では、誰もが知っているようで、実際は本質を理解されていない5S について、活動を進めていく中で誰もが味わう問題点と解決策、また上手に進めるコツなどについて解説します。ドーナツ工場を舞台に、具体的な問題と解決策が示されているので、実際に体験したように5Sを学ぶことができます。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 漫画…☆4.3
    内容はまぁまぁよかったんだが、自分はめんどくさがり屋なので、とてもじゃないけど実践できなさそう…。

  • 整理整頓は分かるけど、後の3つってなんだっけ? となる5Sについての本(掃除と清掃と……、いやその2つって同じ意味か。となる)。なお、5Sは整理・整頓・清掃・清潔・しつけの5つのことをいうらしい(最近の若者は「しつけ」という言葉がピンとこないということから、「習慣」としている企業もあるのだとか)。
    整理と整頓の意味もいまいち違いが分かってなかったけど、整理は不要なものを捨てることで、整頓が置き場所置き方を決めて置くことということらしい。不要なものがあると整頓ができないということで、必ず整理から始めるとのこと。なるほど。
    整頓の実施方法がいろいろ面白かった。置き場所に姿置きほどこしたり、基準線をいれたり。確かにこの方法だと元の位置に戻そうという気持ちが強くなるかもしれないなと思った。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

ベーシック・マネジメント研究所 代表
キヤノンを退社後、コンサルティングファーム、産業能率大学講師を経て、BMLを設立。企業の人材育成、5S指導の実績多数。近年では医療機関の5S指導でも活動中。
≪著作≫『医療現場の5S活用ブック』(日本能率協会マネジメントセンター)、『5Sべからず集』『徹底5S実践マネジメント』(JIPMソリューション)
『工場管理2006年8月臨時増刊 技能伝承の上手な進め方Q&A』(日刊工業)、『製造社員のための自習型教育ツール集』『製造現場の技能OJTツール集』『目で見て習慣づける工場必携5Sツール集』(株式会社アーバンプロデュース)、『製造業派遣(請負)型アウトソーシング成功の秘訣』(新技術開発センター)、『事故防止職場環境論』(日本医師会総合政策研究機構)、『ビデオ・変化に対応5Sに再挑戦』(PHP研究所)ほか

「2017年 『マンガでやさしくわかる5S』 で使われていた紹介文から引用しています。」

高原昭男の作品

ツイートする
×