心理的安全性のつくりかた

著者 :
  • 日本能率協会マネジメントセンター
3.93
  • (14)
  • (12)
  • (12)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 386
レビュー : 19
  • Amazon.co.jp ・本 (336ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784820728245

作品紹介・あらすじ

いま組織・チームにおいて大注目の心理的安全性とは「何か」から、
職場・チームで高めるアプローチ方法をつかめます!

Googleのプロジェクトアリストテレスで、チームにとっての重要性が一気に認知された「心理的安全性」。
本書ではその心理的安全性を理解し、心理的安全性の高い職場を再現できるよう、
そのアプローチについて日本の心理的安全性を研究してきた著者が解説します。

これまで心理的安全性はチームにとって重要なことだけが伝わり、
指標もなくただ漠然とした概念だけが先行して語られてきました。
そして先行した概念は人づてに伝わり、誤解を生み出しながら広まっています。

本書では心理的安全性が「ヌルい職場」ではなく、健全な衝突を生み出す機能であることを解説し、
日本における心理的安全性の4因子「話しやすさ」「助け合い」「挑戦」「新奇歓迎」を紹介します。

また、研究でわかった心理的安全なチームリーダーに必要な「心理的柔軟性」と、
4因子を活性化させるためのフレームワークを解説。

さらに読者特典として、データサイエンティストでもある著者が開発した、
組織診断サーベイ『SAFETY ZONE®』で心理的安全性を計測できます!

本書によって曖昧に語られてきた心理的安全性が共通言語となり、
指標化とアプローチ方法によって具体的かつ効果的な高め方を導き出せます。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • これはまた読み直さないといけない本。具体的にどうしたら良いのかが書かれているので、試しながら参照したい。管理職や、仕事が楽しくやれてない人にお勧め。
    心理的安全性を行動分析学を切り口に説明していて、個人と組織の両面にフォーカスしてると思った。

  • Googleのプロジェクトアリストテレスで注目された「心理的安全性」の解説本。
    きちんと心理的安全性を理解していれば、真新しいものはない。

    ○心理的安全性の必要性
    ・心理的に安全なチームは「学習ができるチーム」
    ・「学習ができるチーム」はそうでないチームと比べて、中長期にパフォーマンスが高くなる
    ※明日、すぐに成果がでるわけではない

    ○心理的に安全ではなくなるリスク
    ・「無知」だと思われたくない。だから必要な相談、質問をしない。
    ・「無能」と思われたくない。だからミスを隠したり、良い部分だけ報告し、自分の意見を言わない。
    ・「邪魔」だと思われたくないので、必要でも助けやフィードバックを求めない。
    ・「否定的」と思われたくないから、是々非々で議論しない。この4つのリスクです。

    ○雑魚が間違いがちな心理的安全性
    ・ヌルい職場でもなければ、意見がとおる環境でもない
    ・余裕がある=心理的安全性が高いわけではない

    ○日本の組織ならではの心理的安全性の4つの条件
    ・「話しやすさ」「助け合い」「挑戦」「新奇歓迎」
    話しやすさ:誰かが問題やリスクに気づいた時に、声を上げられるチームか。反対意見をいえる組織か
    助け合い:相互作用できているか
    挑戦:まずはチャレンジをして、それが成功しても失敗しても受け入れられるか
    新奇歓迎:新しい視点を取り入れることを歓迎されるか。役割に応じて、強みや個性を発揮することが歓迎されているか。

    ○心理的安全性の作り方 基礎
    ・過去の積み重ねが、チームの心理的安全性の状態を生む
    ・リーダー及び幹部が心理的柔軟性をもつことが大事
    ・心理的柔軟性とは、「正論や正しいことを言う」のではなく「役に立つことをしましょう」という意識
    ・「この状況で役に立つことは何か」を考えることが、心理的柔軟性の中で大事

    ○心理的安全性の作り方 実践
    ・チームごとに4つの条件を目標に現状値を測る
    ・一番低い項目から、取り組む内容を決める。取り組む内容はレベルを徹底的に落とす
    「話しやすさ」考えを紙に書いて、ただ読み上げる。
    「助け合い」問題が起きてちょうどよかったね、目標が高くて良かったねという意見を持つ。トラブルを楽しもうと考えるのが、心理的に柔軟な態度になる。
    「挑戦」自分に対して「誰がどんな機会を与えてくれたのか」を振り返らせる
    「新奇歓迎」ただ「すごいね」と伝える。相手は「ここにいてもいいんだ」「やってみてもいいんだ」という感覚が生まれる

  • 理論と実践で、かなり頭を使うが、たくさん汲み取れる本

  • 職場での心理的安全性の作り方について書かれた本。

    理屈から実践方法まで丁寧に説明されていて、納得感があった。
    少しずつ試していこうと思う。

  • この本は組織に心理的安全性をもたらすための手引書ですね。組織を変えるにあたってこの本を元に計画をたて実施していくのに最適な本です。

  • 会社のチームの中で、リーダーではないが、メンバーの主体的な行動を促したいと思っている。何か参考になることはないかと手にとった。

    リーダーではないし、心理的安全性をすぐ習得してチームへの応用することは難しいなと思った。

    なぜそんな行動をとっているのか、どんな見返りがあるのかを分析すること。
    確かにそうやな行動にすること。
    声かけや働きかけの中で工夫していきたいことがいっぱいあった。

    あえて絞ってそうだが、やっぱりもっと具体例、取り入れ例があればやってみよう、有効だと思えたかも。

  • きっかけ〜行動〜みかえりを好子、嫌子で捉えて望ましい行動が増えるように直前の行動に対して好子をもたせるというのは参考になった。チームの行動が定着せずにもやもやしてたことがいくつかあったので実践してみよう

  • 実践ネタは多数記載があるもののイマイチ響かない。「日本版」として「○○が無い」よりも「○○がある」状態を4要素で定義した箇所はわかりやすいと思った。「挑戦」と似た「新奇歓迎」、後者は特に人にフォーカスしていると捉えて、特にこれが敬遠されがちな日本型組織の課題にも非常に思い当たる。
    実践ネタは多いのにイマイチ響かないのは何でだろうと考えているが、著者が実践してるように感じられない施策の数々だからだと思う(思い込みですが…)

  • これは本気のよいビジネス書。読み手を舐めてない。ビジネス書ですが、本気でACTや関係フレーム理論まで踏み込んでいます。

全19件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

ZenTech株式会社チーフサイエンティスト。慶應義塾大学システムデザイン・マネジメント研究所研究員。シンガポール国立大経営学修士。東京大学工学部卒。在学中から3社を創業。
教育・研修領域、環境領域で、ひとの認知モデルを元にしたメソッドづくり・仕組みづくりを行う。官公庁、大企業、国際組織等とのプロジェクトを主導。環境領域で手がけたプロジェクトは、数百万人が参加し、CNN、BBC等のメディアでとりあげられる。主著に認知行動療法ACTについての入門書となる「悩みにふりまわされて しんどいあなたへ」がある。

「2020年 『心理的安全性のつくりかた』 で使われていた紹介文から引用しています。」

石井遼介の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
鈴木哲也
アンデシュ・ハン...
佐々木 圭一
有効な右矢印 無効な右矢印

心理的安全性のつくりかたを本棚に登録しているひと

ツイートする
×