京のかざぐるま (シリーズ本のチカラ)

著者 :
  • 日本標準
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (175ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784820802976

作品紹介・あらすじ

激動の幕末。長州藩の京やしきへ水おけをとどけることになった太吉。さむらいにおけをばらすことを命じられかっとうする姿を描く「おけ」など。さむらいたちが血なまぐさい戦いを繰り広げる京都を舞台に、働くことを通して成長する子どもたちを描いた作品7編。小学校高学年から。

著者プロフィール

吉橋通夫(よしはしみちお) 岡山県生まれ。『京のかざぐるま』で日本児童文学者協会賞、『なまくら』で野間児童文芸賞受賞。『真田幸村と忍者サスケ』(角川つばさ文庫)など多数。

「2020年 『早替わりで候 音次郎よんどころなき事件帖』 で使われていた紹介文から引用しています。」

吉橋通夫の作品

京のかざぐるま (シリーズ本のチカラ)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×