こりずに毎日やらかしてます。発達障害漫画家の日常

著者 :
  • ぶんか社
3.60
  • (3)
  • (4)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 55
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (131ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784821144365

作品紹介・あらすじ

生きづらい…からこそ面白い!?あの『透明なゆりかご』の沖田×華が自身の障害を客観的に描く、爆笑コミックエッセイシリーズ待望の第3弾!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 聴覚過敏(アンバランスな音は「安全バーなしでジェットコースターに乗っている感じ」)や「(特定の)青色好き」場面緘黙「(特定の身内が)声を出そうとすると寸前に言いたいことが分かってしまう」などはオヤオヤだが、「人の気持ちが読めない」「(何気なく)質問されると、全力で回答してしまう」など思い当たるフシもあり俺も発達障害入っているかもしれない/カレが「防音カーテンホームシアターのスピーカー置くぞ」「お前の好きなDVD」「じゃこれ『プライベートライアン』」よりによって…「眠っても見た映画の中を(夢で)走り回る」

  • タイトル*こりずに毎日やらかしてます。発達障害漫画家の日常
    著者*沖田×華
    出版社*ぶんか社

  • 人間の可能性を考えさせられる

  • 気楽な気持ちで楽しみながら発達障害を理解することができる良書だと思います。実際に発達障害を持っている沖田先生だからこそ描くことができる作品なのではないでしょうか。

全5件中 1 - 5件を表示

著者プロフィール

沖田 ×華(おきた ばっか)
1979年、富山県生まれの漫画家、女性。富山県立新川女子高校卒業後、。ペンネームは「起きたばっかり」に由来。
小学校の時に学習障害、注意欠陥多動性障害、そして中学生の頃にアスペルガー症候群と診断される。そのためか同級生からいじめ、教師からの体罰が続く学生時代を送った(自身の障害については、成人後SNSを通じて認めることができた)。高校卒業後に看護師の資格を取り職についたが、自殺未遂を起こす。看護師を辞め、ソープランド以外の様々な風俗店で働いた。
風俗店の待機室にあった実話誌をきっかけに漫画家・桜井トシフミに心酔、ファンレターを送って交流が始まり、絵が個性的だと褒められたことをきっかけに『漫画アクション』新人賞に応募、選外奨励賞を獲得。26歳で漫画家デビュー。
2018年、『透明なゆりかご』で第42回講談社漫画賞少女部門を受賞。同年、テレビドラマ化した。その他代表作に、『毎日やらかしてます。アスペルガーで、漫画家で』『ニトロちゃん みんなと違う、発達障害の私』など。

こりずに毎日やらかしてます。発達障害漫画家の日常のその他の作品

沖田×華の作品

ツイートする